スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミリーレストラン。

 僕は、なんでそんなことになったのか理解ができずに一瞬、きょとん、としてしまいました。

 2,3ヶ月前のことです。
 その日、確かある祭日だったと思います。
 僕は息子と二人で近所のファミリーレストランで食事をしておりました。
 といっても、僕はドリンクバーを注文しただけで、さい君の不在を守る一環で息子の食事につきあった、というのが実態です。僕は息子が彼の好物のイカリングとパンケーキを頬張りながらする、他愛のない発言に適当に付き合っていました。
 途中、かかってきたのか、息子がかけたのかは記憶にありませんが、彼の日本人の方の祖父(僕の父、みどりかずまさですね。)と彼が携帯電話で会話を始めます。
 どうやら、息子はなにか買ってもらいたいものがあるらしく、かずまさにおねだりを(しかし、かなり高圧的な態度で、です。そこは、孫可愛さに、孫のほうが無意識につけこんで横暴に振舞う、というのはどこの家族でもよくみられる光景でしょう。)しています。
 そして、買いに行くための予定の掏り合わせをかずまさとしているようです。

 顔の半分ほどもある携帯電話を(さすがにまだ10歳ですので)、しかし慣れた手つきで扱いつつ、午後の陽をレストランの窓越しに背中に受けながら息子は目の前のパンケーキには暫時手をつけずに熱心にかずまさと大きな声で議論しています。
 
 「え?じゃあさあ、じじは、いつだったらいいの?」
 「え??その日はフジはともだちとザリガニをとりにいくからだめなの。」

 どうも両者の日程の摺り合わせは難航してしているようであるな、思いつつも、僕は助け船を出すでもなく、むしろ息子の相手から暫時解放されたのをいいことに、ただ漫然と彼の発言に耳を傾けていました。
 「だから、だめだって!え?だからあ、じじはいつならいいの??え?・・・『今週の日曜日』???」
 息子は彼なりにかなり苛立ってきています。
 そして、やおら、
 「ふ~~~、」
 と大きくため息をつくと、小さい子に噛んで含めて言い聞かすように、しかし決然と言いました。

 「あのねえ、じじ。いい?じじはさ、さっきから『今週の日曜日』っていうけどね、いい?じじ、いっしゅうかんていうのはね、にちようびが、はまじまりなんだよ!だからさ、『今週の日曜日』っていうのはもうおわってるんだよ、わかる?」
 
 そのときです。僕の耳にさして大きい声でもない隣のテーブルの中年夫婦と思われるお客さんの、会話の断片が突然飛び込んできました。
 「確かに、そうだ。あはは。」
 「そうよねえ、正しいはよね。うふふ。」

 僕は、なんでそんなことになったのか理解ができずに一瞬、きょとん、としてしまいました。
 つまり、僕が全く関心も注意も払っていなかった隣のテーブルのお客さんの会話が、それもさして大きな声でもない会話の、しかも断片が、なんで唐突に僕の耳にすんなりと入ってきたのか判然とせず、困惑してしまったのです。
 僕が、はて?と、隣の席のほうに視線を遣ると、中年夫婦は、僕の息子のほうを見て笑っています。
 
 ん???
 ・・・・・ほう、そうか・・。

 数秒の時間を経て、僕は得心しました。

 世の中には『正論』というものがあります。
 しかし、その一方で正論に従うだけでは、得てしてことはうまく運びません。
 なぜなら『正論』が正論であるがゆえに、逆に習慣として立場を確立しているアンチテーゼというものもあるからです。
 息子は、まだ義務教育の真っ只中にいるわけなので、いわば、正論を100%学ぶこと、が彼のお仕事なわけです。これはこれで、まっとうな生業です。だって正論も学ばないのに、正論とは相反する習慣だけいきなり学んだら混乱しちゃうじゃないですか。
 一方で、齢70を過ぎ、未だに長きに亘ってサラリーマンとして働いているかずまさは(ありがたいことです。)、いわば正論に対するアンチテーゼの権化みたいなものです。サラリーマン生活が長いから、土曜日と日曜日は平日に働いたご褒美としての『週末の連休』として捉えているわけです。
 日曜日は、本来『週の初めである』にもかかわらず、です。
 そして、そういう宮仕えの権化達の間では、例えば、
 「おい、たまには飲みに行こう。」
 「おお、いいね、でも平日はちょっと。最近忙殺されていて。」
 「そうか、なら週末でもいいぞ。今週の日曜日はどうだ?」
 という会話に対して、
 「おい、おまえなあ、何をいってるんだ、一週間は日曜日から始まるから今週の日曜日はもう終わってるぞ。わかるか?」
 なあんていう『正論』を主張する人はまずいないです。
 そこは忖度して『今度の日曜日のことを言ってるんだな?』となるので、
 「おお、今度の日曜日ならあいてる、いいぞ、是非行こう。」
 となるわけです、たいていの場合は。
 世の中『正論』だけでないほうが潤滑にいくこと、が少なからずある、ということですね。

 僕は息子の発言を心身共に頬杖をつきながら聞いていて、彼の祖父に対する『説教』を耳にし、父親の感覚も理解するも、内心苦笑いしつつも、
 「確かに!そら、そうだ。」
 と息子の吐いた『正論』に心の中で賛同していわけです。
 その声無き呟きと、それを心の中で僕が呟くタイミングが、声優が絵に声をかぶせるように、隣のお客さんが声にだした時とぴったり重なったんでね。
 その『共振』のせいで、耳をそばだてもいない隣の会話がするりと僕の耳に飛び込んできたわけです。
 ふむ、ふむ。
 隣のお客さんも、実はなんとはなしに、声を張り上げる息子と祖父の会話に耳を傾けていて、息子が真剣に吐いた『正論』におもわず、膝を叩いて、
 「確かに!それは正論!お孫さんよ、あんたが正しい!」
 となったわけです。

 息子と彼の祖父の日程は交渉の末、うまく調整がつきました。

 一方で、今回は『資本主義に揉まれとうの昔に自分を見失い、最早何が正論で何がアンチテーゼなのかも判然とせず、因習だの建前だの長いものだの上司の価値観だの、に散々まみれている父親』にとっては、

 『正しいことを頑迷に主張することは、時にたった一言で野次馬までをも頓悟させる説得力がある。』

ということを改めて息子から教わった日となったのであります。

===終わり===



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。