スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所ジョージさん。3

 誠に面目がございません。

 『ニドボッキ』は僕が述べたように前回で終了する予定でしたが、後日談が出来て(拵えて、かな?)しまったので、今回もお付き合いください。

 小人閑居して不善をなす。
 僕は『ニドボッキ』と『日本ドッジボール協会』との関係の有無についてさらに詳しく調べてしまったのです。

 まず、大胆にも本丸の『日本ドッジボール協会』へ電話しようと企みました。
 我ながら、なんという社会的生産性の低い人でしょう!?
 日本ドッジボール協会のホームページには何故か住所のみで電話番号が記載されていないので、NTT104に問い合わせました。
 こんなことを協会に聞いたらどやしつけられるかなあ、なんて思いながらドキドキしつつ104のオペレーターの返答を待っていました。
 ところが世の中にとっては幸いなことに、しかし僕にとっては不幸なことに104の返答は『該当ございません。』でした。
  
 あれ??
 電話番号わかんないのか・・・・。なんだ・・・・。
 さっきまでのドキドキ感は風船がしぼむようにしゅるしゅると小さくなっていき、僕は切歯扼腕しました。

 「これじゃあ、調べようがないじゃないか!」

 という、わけで『所ジョージさん。3』でした。

 ===終わり===

 ・・・・と、なるところでしたが、天知る地知る、意思あるところに道あり、捨てる神あらば拾う神あり、ひょんなことから僕自身は大して努力もしていないのに、協会とは接触できなかったものの、長くドッジボールに関わられているお方の話をメールで伺うことができることに相成りました。

 その方は、-今、仮にA氏とします-、一面識もない僕の、一瞥にすら値しない質問に、能う限り詳細に文書でご返事をしてくださいました。

 僕がA氏に投げた、傍若無人、厚顔無恥、その暇人としての面目躍如たる質問内容の概要と骨子は以下の二つです。

  ①『パオパオチャンネル』という番組内での『日本ドッジボール協会公認ドッジボール大会』というコーナーは、日本ドッジボール協会、あるいはその前身団体が実際に公認されていたものなのか?全く関係ないのか?
 
  ②さらに上記の番組内で『日本ドッジボール協会』を『略してニドボッキ』と紹介されていたが、このことはドッジボール協会側では承知のことか?また、もし承知とすれば斯様な略称で呼ばれていたことに関してはどのように考えているのか?

 このような概要の質問に参考として『パオパオチャンネルWIKIPEDIA』と、僕が怪しい者ではない(どこをもってして僕と僕のブログが『怪しくない』と判断するか、には僕自身でさえちょっと考えちゃうところですが。)、また真剣に知りたいのだ、という背景として固定読者数十人しか(もっと増えてほしいなあ。ご友人・知己に本ブログが心の琴線に触れそうな方がいたら、-そういう奇特な方はあんまりいないと思いますけど-、宣伝をお願いします。)いないが、一応ブログに書きたい、そのブログはこういうものです、と本ブログのアドレスも添付しました。

 これに対し、A氏は(先述のように、メールでのやりとりだけで僕とは面識はございません。)下記の如く、まことにご丁寧に返事をしてくださいました。
 以下、誤解を招かないように、A氏のご返答を引用していきます。

 『まず、協会設立年との兼ね合いについては、ブログでご指摘の通り、当該番組が終了後にJDBAが設立されていますので、当該番組放映時に呼ばれていた協会名は現在の組織とは異なる空想のものではないかと思われます。』
 
・・いきなり核心にせまるご推測です。やはり、略称『ニドボッキ』はフェイクだったようです。さらに、A氏はご自身の知っておられる範囲で、それをもっと細かく論証してくださいました。

 『また、当該番組(筆者注:パオパオチャンネルのことですね。)のメインスポンサーは小学館ですが、JDBAの設立に際して深く関わった出版社は講談社です。
 小学館はその頃「ドッジ弾平」という連載を行っており、後にアニメ化されました。
 ドッジ弾平で取り上げられた競技は『スーパードッジ』であり、漫画の中の協会名は『日本スーパードッジ連盟』です。
 ドッジ弾平は小学館のコロコロコミックで取り上げられ、JDBAのドッジボールは講談社のコミックボンボン内で『爆風ドッジ』の連載を基に設立されました。
 いわばライバル社同士が同企画で勝負をしていたので、こういった状況を考えると、小学館がメインスポンサーの番組がJDBA設立の契機となることは考えにくいです。
もしそうなっていたとしたら、爆風ドッジは小学館で連載されているはずだと思います。』

 ・・・おお、なるほど!
 深いです!
 『パオパオチャンネルと日本ドッジボール協会』の背景には要約すると以下のような『大人の事情』、もっと言えば『資本主義経済的事情』があった(らしい)わけです。

 パオパオチャンネル -小学館-ドッジ弾平
 日本ドッジボール協会-講談社-爆風ドッジ

 これは素人にはわからないし、想像もできません。貴重な推理です。
 さらに、A氏のご回答は続きます。

 『なお、当該番組内でのコーナーや呼称などについて、少なくとも私がドッジボールに関わってきた中でお会いした方々のドッジボール関係者の誰かがそのような話をしていたという記憶はありません。』

 これは、ちょっとした衝撃でした。
 インターネットで検索したら『ニドボッキ』だけで200件も-
 (僕の数少ない女の子の友人のひとりの、まつしまみこさんが、前回までのブログを読んで『パオパオチャンネル ニドボッキ』での82件、よりも『ニドボッキ』だけならもっとたくさんヒットするよ、とわざわざ教えてくれました。なるほど確かに『ニドボッキ』なら200件以上ヒットします。ああ、なんと罪なことを!僕と僕のブログは、まつしまみこさんに『ニドボッキ』なんていう文字を入力せしめてしまったわけです。彼女のご両親に謝罪したいです。ありがたいやら、申し訳ないやら・・・・。)-
 ヒットするこの言葉は、24年以上にわたって連綿とある種のひとびとの記憶に留まっているのに、ドッジボール競技者の間では口の端にものぼっていないようなんです。

 続きます。

 『また、パオパオチャンネル自体、幼少期に見ていた記憶はかすかにありますが、私自身の記憶に残っているのは、所さんが消しゴムのかすを集めて消しゴムを作る企画をしていたくらいのものです。』
 
 誠実な方です。ご自身の個人的なパオパオチャンネルへのスタンスまでご開示くださいました。ちなみに、僕は『所さんが消しゴムのかすを集めて消しゴムを作る企画をしていた』ことは全く記憶にございません。が、なかなか生産性が低くて個人的にはそういうのは嫌いじゃないです。

 最後にA氏は下記のようなコメントで最後を締めてくださりました。

 『私自身、持っている知識と経験の中でお答えできることは以上です。
  なお、JDBA会長について現在は馳浩氏ですが、設立当時は森喜朗氏だったことを申し添えます。
  宜しくお願いいたします。』

 おお、A氏はなんと僕のブログを一読くださりこちらからの質問内容では触れなかった『ニドボッキを払拭したいのなら何故、会長は馳浩先生なのか?』という僕のいちゃもんともとられかねない愚問にも反応してくださったのです。

 東京で今度五輪があるみたいですが、例えば閉会式で、大雑把に五大陸対抗くらいの括りで選手や大会関係者を分けて国立競技場を使って壮大なドッジボールでもしないかな。
 日本で育った人ならみんな子供のときにやった経験があるだろうから馴染みが深くて親しみやすいだろうし、ドッジボールを競技として真剣にやられている方には心外な言い方かもしれないけれど、各自の本業の戦いを終えたアスリート達が集団になって右往左往するさまって平和的で微笑ましいと思うんだけどなあ。
 もちろん、ハンドボール選手や水球選手も腕撫して参加しちゃうんであります。

 日本ドッジボール協会とオリンピック関係者の皆さん、ひとつご検討ください。

 結論。

 ①『パオパオチャンネル』のドッジボールコーナーは現存する日本ドッジボール協会とは関係ない。
 ②『ニドボッキ』について苦悩したり喜んでいたりするのは殆どが『ドッジボール部外者』である。
 ③A氏のご回答ぶりから想像するに、ドッジボール関係者は誠実そうである。
 ④まつしまみこさんは、僕のせいで『ニドボッキ』と検索した。
 ⑤今回のコンタクトを機会に『ニドボッキ』という言葉が、ドッジボール関係者の間で人口に膾炙する可能性がある。そうなるとちょっと照れる、いや、困る。
 ⑥頑張れ、日本ドッジボール協会!


===終わり===
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。