スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車で万歳。

 つい先日、図らずも『普段何気なく起こっていることの実情をつぶさに知らされること』を経験しました。

 その日、僕は、朝、あらかじめ予約していた病院に行ってから出社することになっていたので、いつもの通勤時間より少し遅い時間の上り電車に乗りました。その電車は比較的乗降客の多い、JRの主要な線で、通勤ラッシュの時間をすでに過ぎているとはいえ、座席はほぼ埋まっていて、各車両には立っている乗客が数人ちらほらといる、という状況でした。
 僕は、ほどなくしなければならないJRから地下鉄への乗り換えの利便性のために、乗車してすぐにその電車の一番後ろを目指して、車両を移動していました。
 何両目かの車両に来たときのことです。
 「ん??」
 車両の真ん中あたり、進行方向に向かって左側の座席に、仰向けに寝ている、いや、倒れてるかな、女性が僕の視界に入りました。
 僕は、もとより、その車両を通過して最後尾の車両に行く予定だったので、おのずと、その女性を見ながら、彼女にだんだん近づいて行き、ついには、その横を通過しました。
 その方は、妙齢の女性で、白い服の上下という清潔な格好をしてました。
 見ると、膝下以外の体の四分の三は、完全に座席に仰向けに投げ出されていて、両手はだらりとシートに置かれており、そうですね、なんだか『全然覇気の無い万歳をしている』みたいな格好でした。茶色く染められた長い髪は後頭部を中心に放射状に座席に散らばっています。
 そして、何より、僕に、あれれ?、と思わせたのは、その眼です。彼女の眼は完全に閉じているかというとそうでもなく、では、開いているのかといえばそうでもなく、なんだかうつろに半眼を見開いて虚空を見つめています。
 時間帯からして夜通し遊んでの朝帰りには遅すぎます。
 その車両は他の車両と同じく、座席はほぼ埋まっていましたが、少なくとも僕が通っている間は、彼女に対して何かを働きかけている乗客は誰もいませんでした。
 これは傍観者心理、って奴ですね。これだけの人がいるんだから自分じゃない誰かが何かするだろう、というアレです。もちろん、僕に至っては、
 「俺はさ、見ての通り『この車両をたまたま通過する人』だもんね。だから、彼女と同じ車両に居合わせたあなたたちに比べて、より見てみぬふりをできる立場にあるんだよん。普通は、同じ車両にいる人の責任でげしょ。」
 という空気を体全体で精一杯放ちながら、歩く速度を緩める、などという下手は打たずに、全身これ傍観者心理という状態でそのままその車両を通過すると、一気に最後尾の車両にまで辿り着きました。

 でも、ちょっと気にはなる、じゃないですか。
 
 そういうときに限って、ふと最高尾車両の運転席を見ると、車掌さんが女性なんですよね、これが。
 こういうのって、強面で、ぶすりとした男性の車掌さんなんかだと、まず言いつけたりしない、と思われるんですけど。女性というのは、それはやはり、野郎に比べたらソフトで優しいし、倒れているのが車掌さんと同性というのもケアしやすいだろうなああ、きっと・・・。
 僕は、なんだか義務感を感じて、そうですね、大袈裟に言うと神様が境遇を用意して僕を試しているのかも、といった気分になり、少しばかり勇気を出して、それでも正直にいうと、あんまり、いや全く関わりたくないんだけどなあ、と思いつつも、運転席のガラスを、こんこんと叩き、愛想笑いなど浮かべつつ、車掌さんの気を惹きました。
 すると、それに気がついた小柄でいかにも実直そうなその女性の車掌さんが、ドアを開けて、
 「なにか?」
 と尋ねてくれたので、僕は、ここからそう遠くない車両の、こっちから見ると右側に若い女性がシートに仰向けに横たわっていて、表情がおかしい、と説明しました。
 すると、車掌さんの反応は僕の予想を遥かにこえて機敏なものでした。
 次の駅で停車すると、車掌さんは、猛烈な勢いで、運転席を出て車内を走り出しました。僕も、言った手前、気になるので、しかし、のろのろと彼女の後を追い、くだんの座席の手前の車両から様子を見守りました。
 この期に及んで、まだ僕は、あんまり関わりたくなんだけどなあ、などと勝手なことを思っていたので、無意識に『当事者エリアと推定される半径外にいること』によって、当該事件現場と距離を保っていた、と見受けられます。
 我ながら、せこいです。
 
 車掌さんは、猛烈なスピードで倒れている女性をみつけると、かがみこんでなにやら呼びかけています。と、外を見ると、一体いつ連絡したのか、駅の下から、男性の駅員さんがふたり上がってきて、ひとりはすでに車椅子を押しています。
 今や、多くの乗客の耳目を集める一大事であります。
 「やや、やはり、かなりの重症であったか・・・」
 予想を超える事態に、僕は、やや緊張しました。と、同時に、通報してよかったな、と少しほっとしました。
 ところが、車掌さんが、なにやら倒れている乗客とコミュニケーションを図ってしばらく、そう『しばらく』です、すぐに、ではないです、たつと、倒れていたはずの乗客がのっそりと置きあがり、面倒臭そうに座りなおすと、腕なんぞ組んで、また寝始めました・・・・。

 そうなんです。この若い女性は『ただシートを独占して仰向けになり、家にいるようなテンションで寝て、電車という交通手段をエンジョイしていた』だけだっんですね。
 彼女は『覇気の無い万歳をしていた』のではなく、その格好を強いて僕流に解釈すると、謂わば『空いている電車万歳!』をしておられた(聞いて見たわけはないので、実際の彼女の心持は知る術がありませんが。)わけです。
 一方、これは全く瑕疵などない車掌さんは、それでも、
 「大丈夫です、ただお休みされていただけのようです。ありがとうござました。」
 とわざわざ僕にお礼まで言ってくれました。さすが世界に冠たる日本の輸送サービス業です。

 駅員さんの持ってきた車椅子も幸か不幸か使用されずに、電車は、『万歳!』を中止しのろのろと座り直して寝始めた当該事件主要人物のひとりである彼女も乗せたまま、再び出発しました。
 なんだ、はた迷惑な、寝ていただけなのか、しかし、若い女の子が朝から大胆だ、これかどこに行くんだろう、デートかな、デートに行く途中で座席に仰向けに寝てしまう、というのも凄いなあ。
 と僕が思っていると、やにわに、女性車掌の声で車内アナウンスが聞こえて来ました。

 「ええ、この電車、具合の悪いお客さまがおられたため・・・4分の遅れがでております。お急ぎのところ、たいへん、申し訳ありません。」

 ええ!俺って、4分も電車を遅らせちゃったのか!なんか恐縮して、げっそりするぞ。なんで、俺が申し訳ない気持ちになるんだ?
 普段何気なく、電車が数分遅れることによく遭遇して、舌打ちなんぞをしていた僕は、『ははん、なるほど、こうやって、電車って遅れるんだな』と深く得心致し、図らずも『普段何気なく起こっていることの実情』の当事者になり、そういう現象の起承転結をつぶさに知ること、となったのであります。
 蛇足ながら、よく電車を止めてしまうと、膨大な損害賠償を請求される、という噂がありますが、今回の場合は電車を止めてしまった僕に対して、そういう類の請求は全くありませんでしたので、こちらのほうの真偽の程は定かではございません。

 それから、こういう経験はあまり気分のいいものでもないし、僕としてはもう勘弁していただきたいので『シートを独占して髪を振り乱し白目をむいて、電車万歳!』をしたい、という方は、是非僕が頻繁に乗るJR東日本のオレンジ色の車両の線と、黄色い車両の線と、それから地下鉄の青い車両の線、以外の車両の座席で『万歳!』をされますように、お願い致します。

===終わり===

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。