スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車教習所。②

 今日は、『男性とはそもそも遺伝子レベルにおいてしょうもない生き物ではないのか?』ということについて考えてみたいと思います。
 ・・・・いえ、違います。前回は『男とはいかにしょうもない生き物か?』』で、今回は、もっと壮大かつ科学的考察を伴う『男性とはそもそも遺伝子レベルにおいてしょうもない生き物ではないのか?』なんであります。

 先日、テレビを見ていたら、ある9歳の女の子のいる人が、娘さんと二人で出かけるとどんな感じですか?と聞かれて、
 「もう女の子は9歳にもなると、もうデートですよ、デート。もうデートです。」
 と三回も『デート』と言ってました。
 「パパ、寒くない?とか聞かれるんです。もうデートですよ。」
 だそうです。それを聞いて、ふ~~ん、女の子ってやっぱり大人なんだな、と心底感心しました。僕は自分自身の生い立ちも含めて女性の子供という生き物と一緒に暮らしたことが皆無なので、実際のところはよくわかりませんが、9歳の男の子とは随分違うような気がします。
 例えば遺伝子的考察として、我が家のジュニア(男性)と比べてみましょう。
 彼は、9歳よりさらに1歳おとなのはず、の10歳です。

 先日こんなことがありました。僕が家にいてテレビを見ていると、彼が帰宅しました。お、帰ったな、と思い、しばらくたって、ふ、と彼を見ると、どういう目的のためか、ズボンとパンツを豪快に足首までおろして下半身を露出しています。ちなみに自転車で外出したので、その時の彼の上半身は、ヘルメットをつけ、ジャケットを着ているままです。しかも、下半身を露出しているくせに、その格好、-つまり、ヘルメットにジャケット、下半身は足首までズボンとパンツを下ろしたまんまで-、でなんだか熱心に壁にかけてあるカレンダーを見て日付をチェックしています。なんだ、こいつ、さては下半身丸出しにしておいて、丸出しにした目的を忘れて、カレンダーなんかみていやがるな、と僕はぼんやりと思いながらも、風呂上りに全裸で走り回るようなその方面の恥じらいはゼロ、の男なので、別段奇異にも思わず、テレビ鑑賞を続けておりました。
 よくわかんないんですけど、10歳の女の子だとこういうことは、つまり、あえて言葉にすると下半身丸出しで、家の中をうろうろする、なんてことはないんじゃないかしらん?
 と、そのとき、突然、
 「パパ!」
 と真横で息子に呼びかけられました。こいつ、いつのまに真横にきたんだ、と虚をつかれつつ、振り返って、僕は驚愕しました。なぜなら声のほうに振り返った僕の眼前には、息子が左右の手で、うんとひろげて突き出された彼の『肛門』があったから、です。

 「うわ、な、なんだよ!」
 「パパ、写真とって!」
 「え?なんだって?」
 「フジ、こうもんがさっきからすっごくかゆいんだよ。それで、どうなってるかしりたいから、けいたいで、しゃしんとって。」
 と彼は、肛門を目いっぱい広げながら真剣に訴えました。
 「いやだよ!そんなに痒いなら、風呂で洗ってこい!」
 全く、しょうもない。つきあってられません。
 僕が、彼の案を却下すると、彼は、ぶつぶつと不平を漏らしながら、風呂へ向かっていきました。
 彼が、帰宅していきなり下半身を露出したのは『肛門がとても痒い』からだったようです。それで取り合えず下半身につけているものを全部脱いじゃったんだけど、ふとその目的を忘れて、目の前にあったカレンダーに気をとられてしまった、ということのようです。
 ・・・よくわかないけど、10歳の女の子だと、こういうことは、つまり、肛門が痒いから見てみたいので携帯電話で写真をとってくれ、なんてことは、ないんじゃないかしらん?

 さらに、その数日後のことです。僕が、寝室で、寝転びながらまたしてもテレビをみていると、おもむろに愚息が僕の傍らにやってきました。彼の手には小さな置時計が握られています。
 「いい、パパ?」
 「・・・なんだよ?」
 「勝負ね?」
 お、なんだ、なんだ、大人のこの俺に勝負を挑むとはいい根性してるじゃねえか?
 「どういう勝負だ?」
 「今からね、」
 「うん、」
 「パパが、フジの、」
 「うん、」
 「こうもんをくすぐって、」
 「・・?」
 「それで、フジが10秒間我慢できたら、フジの勝ち!」
 ・・・・なんだそれ?
 あまりの彼の提案が唐突なのと、奇抜なのに、当惑する父親をよそに、息子は、時計を手に、うつぶせになって空を飛ぶヒーローのようなポーズをとり、すでに臨戦態勢に入っています。
 「パパ、いいよ!」
 いや、いいよ、って。まあ、つきやってやるか、だいたい、経験上、こっちが本気を出せば数秒で粉砕である、自分から不利な戦いを挑むなんて、それよりだいたいなんで、よりによって『肛門』なんだ?
 僕も、やや釈然としないまま取り合えず臨戦態勢にはいりました。

 「いくよ?」
 「うん。」
 「ヨーイ、ドン!」
 僕は、容赦なく、彼の肛門をズボンの上から、くすぐりました。
 「ギャハハハハハハ!」
 息子は置時計を片手に悶絶しています。それ見たことか。
 「ダー、ハハッハ、ウヘエーヘヘヘヘ!」
 あれ?こいつ意外に頑張るな、これでどうだ!
 「ド、ウワハハハッハ、ギャー!」
 野郎、大人をなめるんじゃねえぞ。
 「ウワハハハハハハ、やった、じゅうびょう!勝った!!」
 「何、ちくしょう、負けた!!!」
 息子は寝たまんまガッツポーズ、いつのまにか必死になっていた父親は敗れて大いに口惜しがりました。
 『勝った!』『ちくしょう、負けた!』って・・・・・
 ふたりともしょうもなっ!
 10歳の女の子なら、こういうこと、つまり、肛門をくすぐって、10秒耐えたら勝ち、なんてことやらないんじゃないかしらん???

 と、いうわけで、男性というものは、そもそも遺伝子レベルで女性に比べて、しょうもない、生き物なのではないか?という考察でした。

 ・・・・と、ここまで書いて、思ったんですけど、うちの親子がやっていることって、これを父親と女の子でやったりしたら、つまり、こどもの肛門を写真にとる、とか、子供の肛門を耐えられなくなるまでくすぐる、なんてうちの場合は息子から頼まれたとはいえ、単純に構図だけだと、最近問題になっている、S的虐待(えすてきぎゃくたい、とお読みください)そのものじゃないですか。

 結論。
 ・男性は、やはり、遺伝子レベルにおいて、しょうもない生き物である。
 ・この親子のしょうもなさのレベルは、S的虐待(えすてきぎゃくたい、とお読みください。)寸前、である。

 
 尚、本件に関しては、検証例が少なく、有意とは言い難いため、引き続き例証していきたいので(愚息のしょうもなさにちょっと不安なこともあります)、

 ・父親はともかく、いやいや、男の子でもそんなしょうもないのはおまえの家だけで、他の子は、そんなことはない。
 ・その通り、我が家の男の子も(或いは父親も)しょうもないぞ、遺伝子レベル論、賛成。
 ・いやいや、女の子でも、しょうもないことはするぞ。

 など、意見があれば、広く世間に求めたいと思っておりますので、ご一報ください。
 ええ、但し、S的虐待(えすてきぎゃくたい)に関する情報は、とりあえず受け付けておりません、あしからず。

===終わり===
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。