スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教室。

 さい君がまた日本語のレッスンに通い始めました。

 今度のクラスには、アメリカ人、ヴェトナム人、インドネシア人、中国人、ポーランド人、タイ人、ルーマニア人などが生徒としています。さい君の話では、今回のクラスは生徒の殆どが日本での滞在の日浅く、さい君の言葉を借りると『私が一番日本語がうまいくらい』だそうです。そうはいっても全員が英語ができるわけでもないのでやはり、共通のコミュニケーションツールは勢い日本語になるわけです。

 先日、さい君がタイから来た女性生徒に名前を尋ねました。
「アア、アナタノ、オナマエワ、ナンデスカ?」
「アア、ワタシノナマエワ、アオイ、デス。」
本名が『アオイ』さん、なのか、日本人であるご主人の姓を名乗られたのか、定かではありませんが、アオイさんはそう返答されました。そこでさい君は、
「オオ、アオイ、デスカ?『アオイソラ』、ノ『アオイ』デスネ。」
 と応対しました。
 アオイさんは一瞬ぽかんとして訳がわかんなかったようなので、さい君は、大仰に上を見上げなら両手を大きくかざして、『アオイ』を強調しながら再度言いました。
「アオーイ、ソラ!ノ、アオイデスネ。アオーイソラ!」
 すると、タイ人のアオイさんはようやくわかったようで、
「・・ア、ソウデス。アオーイ、ソラ、ノ、アオイデス」
 とさい君と同じように上を仰いで両手を広げて言いました。それで、ひとしきり、相対したふたりが、同じような仕草をしながら、

アオイさん 「アオーイ、ソラ!」
さい君   「アオーイ、ソラ!」
アオイさん 「アハハ、アオーイ、ソラ!」
さい君   「アハハ、アオーイ、ソラ!」

 と、にこにこしつつ確認しあったそうです。

 さらに後日授業が終わると、シュウリンさんという、さい君とはすでに顔見知りになっている中国人の女性が、アオイさんのところに紙と筆記用具をもって、
 「アア・・アナタノ、オナマエワ、ナンデスカ?」
 と尋ねにいきました。そこでアオイさんは、ここぞとばかりに、両腕を大きく広げて、
 「ワタシノナマエワ、アオイ、デス、アオーイ、ソラ!ノ、アオイ!」
 とやりました。
 しかし、シュウリンさんにはうまく伝わらなくて、また
 「エ?アア、アナタノ、オナマエワ、ナンデスカ?」
 と聞きます。それで、

 シュウリンさん 「アア、アナタノオナマエワナンデスカ?」
 アオイさん   「ワタシノナマエワ、アオイデス、アオーイ、ソラ!ノ、アオイデスネ!」

 という会話がなんども繰り返されました。さい君は少し離れたところでこの顛末を見ていましたが、そのうちに、一所懸命に名前を伺うシュウリンさんに対して、今や、両腕を振り回しながら『アオーイ、ソラ!』を連発するアオイさんと目が合ったそうです。そしたらアオイさんが両腕を全開しながら、あなたに教えてもらったやり方で、自己紹介をしていますよ、といわんばかりにさい君に笑いかけました。さい君も好意をもって笑い返したそうです。

 アオイさん 「ワタシノ・・アオーイ、ソラ!ノ、アオイ・・アハハハ!」
 さい君   「アハハハハ!」

 しばらくその会話が繰り返された後、ようやく事態を察したのか、シュウリンさんも一緒に笑い始めました。こうして上を見て両腕を何度もぐるんぐるんぶん回すアオイさんを中心に、

 アオイさん   「アオーイ、ソラ!ノ、アオイ・・アハハ!」
 さい君     「アハハハ!」
 シュウリンさん 「アハハハ!」

 という三カ国間での国際交流が成り立ったわけです。こういうのは微笑ましくて、いいです。ええと、本人たちは真剣だし、もちろん、逆の立場にたったら僕らも外国語を話すときにはいろいろやらかしているでしょうから、これは、無知を笑おう、というものではないです。純粋に、言葉ではなくて、こういうツールが限られた中でのコミュニケーションって、『国境』なんてものは微塵も感じられなくて、なんだか、たいへん、結構です。

 ちなみにこの会話は、下記のように続いたそうです。

 アオイさん   「アオーイ、ソラ、ノ、アオイ!アハハ!アオーイ、ソラ!」
 さい君     「アハハハ!」
 シュウリンさん 「アハハハ!」
 アオイさん   「アオーイ、ソラ!アハハ!」
 さい君     「アハハ!」
 シュウリンさん 「アハハ!・・エ、アナタノ、オナマエワ、ナンデスカ?」

 ・・・シュウリンさんは、なんでアオイさんとさい君が笑い合っているのか、はもちろん、アオイさんの言っていることも皆目わからずに、『なんだかおかしいから取り合えず一緒に笑っていた』んですね。
 これはこれで、また、悪くない話であります。

===終わり===
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。