スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男所帯2。

 息子は、もの凄くがさつ者です。
 もちろん、親としてそれでいいなどとは思っていませんが、何度言っても、靴さえ揃えられません。
 お恥ずかしい限りです。

 さい君が母国に帰省中で、息子との男所帯が続く我が家で、先週の水曜日に、こういうことがありました。
 
 僕が帰宅すると、がさつな息子は、脱ぎっぱなしの制服を床に放置してゲームなんぞに熱心にいそしんでいます。
 「やれやれ・・・。」
 心が殺伐とする風景じゃないですか。
 父親は、制服をハンガーに掛けようと、床から拾い上げました。
 自身が見るに堪えない、ということもあります。しかし、もっというとハンガーに掛けろ、と何度命令してもその場凌ぎで全然効果がない息子に、自覚を持たせるために、僕は敢えて彼の目の前で、制服を拾いあげたんです。
 父親にやらせて恥ずかしいと思わんのか!?

 「パパ!」

 早速、反応がありました。
 おお、さしもの息子も恐縮したな。

 「ちょっと!分離させないでよ!」

 その言には、あろうまいことか、怒気さえ含まれています。

 君はいったい、なにを言ってるんだね。

 だいたい、普通は、フジがやるからいいよ、だろう。百歩譲って、ありがとうパパ、じゃないのか。それに何のことだ、俺は制服をハンガーに掛けようとしてるだけで、その行動には『分離』とか『独立』とか、そういう政治的なメッセージなんぞは、込められてないぞ・・・。
 事実と息子の言い分はこうです。

 さすが、わが息子、彼はただ単に制服を脱いで床に放置する、などという凡庸な男ではなかったのであります。すなわち、この中学生は、下着、ワイシャツ、カーディガン、を一気に、それらのボタンをひとつも外すことなしに、脱ぎ捨てていたわけです。
 有り様は、『脱皮』です。
 僕は、下着は洗濯機へ、ワイシャツはクリーニング行きかな、カーディガンはハンガーに・・、とその脱皮した抜け殻を彼の目の前で分けようとしました。当然です。それを見た彼がその父を『分離派』と見做し、強く非難した、ということなんです。
 でも、なんでいけないんだろう?
 理解に苦しむ僕がさらに会話を重ねると、新たに驚愕の、といいますか、残念な事実が判明しました。
 なんと息子は、下校時に上述の『脱皮行為』を行うだけではなく、朝登校するとき(いつも僕が出社するときには、彼はまだ布団の中です。)、その抜け殻をなんとそのまんま、すっぽりと、-まるで『レイヤードTシャツ』であるかのように-、一気に装着していたのです。
 唖然とする僕に息子はさらに怒りをぶつけます。
 「パパ、昨日も『分離』したでしょ?」
 「へ?」
 「そのせいで、フジは今朝学校に行くのが遅れたんだからね!」
 
 中学二年生の発言とは思えません。
 うまく言えないけど、そうですね、道徳観というか、価値観というか、ううん、とにかく『なにかがずれている』ような感じがして、親としてはいろいろと、不安です。
 こいつの頭の中はどうなっているんだろう。
 さらに、そういえば、と僕は思いつきました。

 「おい、洗濯するとき、フジの下着の数が少ないように思ったんだけど、まさか一週間変えていない、なんてことは無いだろうな?」
 「ううん。」
 うむ、よろしい、『衛生観念』は人並みなんだな。
 「一週間じゃなくて、三週間くらい。」
 「!!」
 
 男所帯の悩みは深いです。

 それとついでながら、『男所帯ならではの父子の濃密な時間』を過ごす中で発覚した『フジの好きなお笑い芸人はね』、
 「サンドウイッチマンと、アンジャッシュと、マツコ・デラックスと、具志堅用高。」
 なんだそうです。
なんか・・・、ずれてませんかね?
 ===終わり===

 
スポンサーサイト
プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。