スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の心はのどけからまし。

 昨今、何が心をかき乱すといって『唐突な理不尽さ』に勝るものも、そうはありません。

 もちろん、生きていると頻繁に理不尽なことに出会います。
 特に『会社偏に毎日と書いて、りふじんと読む』と巷間言われるくらい、-いえ、実は、僕が今そう言っただけですけどね-、資本主義社会における営利追求団体には納得しないことが溢れております。
 しかし、その類の理不尽さには悲しいかな、ケーススタディを経て、だんだん免疫を持つようになり『お、またかよ・・・うん、いやいや、まあ、こういうこともあるよな。なんつたって会社なんだからしょうがないや。』なんて、幸か不幸か達観できるようになったりするわけです。
 ところが『唐突な理不尽さ』というのは、そういうわけにはいきません。

 つい、先日のことです。
 僕は朝起きて、ぼうっとした頭の中で『随分暖かくなったな、もう桜も終わりか・・・』と考えつつ『ふうむ、世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし、か・・』う~~ん、我ながら風流、と古い短歌などを脳裏に浮かべ、いつものようにひとりで、たらたらと朝食をとっておりました。
 と、珍しく、そう、非常に珍しく、南半球から来たさい君が起きてきて、僕の正面にどかっと座りました。
 以前にも書いたことがあるんですけど、さい君は僕が会社に行くときは、99%布団の中にいます。そのさい君が、朝食中の僕に正対したのであります。
 『ほう、これは珍しい・・』と一瞬思いましたが、僕は引き続き『ふむ、世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし・・・』と心の中で呟き、穏やかに、もそもそと、朝食を続けました。
 さい君は、僕の世話をするでもなく、じっと僕を見つめています。なんで僕の前に座ったのか判然としません。
 と、一瞥ののち、この外人は口を開きました。
 「あのね、夢を見たの。」
 ほう・・・。
 「それはね、どういう夢かというとね・・・。」
 あれ、ちょっとだけ嫌な予感が・・・。いま、会社に行く前なんですけど・・・。

 これも以前にも書いたと思うんですけど、彼女はとても、とても、とても、話が長いんです(自分でも『私は吝嗇で、かつ、話が長い』と認めています。)。
 ううむ、これは・・・と思いましたが、まあいいや、朝から頑張る必要もなかろう、さい君の母国語を頭の中で日本語に変換するのはやめればよいだけだ、と僕は早い段階で判断し、一応聞くような素振りは見せつつも『世の中に絶えて桜のなかりせば春の心ものどけからまし』と、朝食を続けます。
 さい君は、-いつものことですが-、息もつかずに一気呵成に大量の言葉を僕に浴びせはじめました。
 「・・・それでね、ふたりで、逃げるわけ、そしたらね・・」
 話の都合上、彼女の夢の粗筋だけを、かいつまんで書くと、僕とさい君が、包丁を持った一人の暴漢に追いかけられて、二人して逃げる、という夢だそうです(こう書くと、なんだかシンプルな夢のようですが、本当は枝葉末節がゴマンとあって、全部書くとたいへんなことになっちゃいます。)。
 僕はというと先述のように、さい君の言葉を逐語訳するスイッチを、はなからオフにして『世の中に絶えて桜のなかりせば・・・』と詠いながら、適当に相槌を打っていました。
 さい君は、そういう僕の心中を知ってか知らずか、かまわず話をずんずん進めます。
 まあ、続けたいなら、続ければよろしい。

 「・・それでね、私が『こっちに逃げよう!』と言ったら、ケイタがね『いや、こっちだ!こっち!』って言うから、ケイタのいう方向に逃げたわけ・・・・」
 ・・よのなかにたえて・・・、
 「そしたら、ケイタのいう方向は悉く行き止まりで・・・」
 ・・なかりせば・・・、
 「ケイタの指示は全然なってないのよ!」
 ・・はるの・・・、
 「なんで私の言うことを聞かないの?」
 ・・のどけ・・・え?
 いやいや、それはあんたの夢の中のことであって、今、俺に言われても・・・、
 「あなたは、いつも、そう!」
 はあ?
 「先週もそう!バーベキューの火おこしのときに、私が着火剤を待ってからにしなさい、と言うのに、ケイタは炭をバーナーで炙り続けて、結局着火剤が到着するまえにバーナーの燃料が切れたじゃないの!さっきも、そうよ!私のいうことを聞かないからうまくいかないのよ!」
 !から、からましいいっ!!??

 それとこれと、一緒に怒られるの??そんな、ご無体な!

 僕は、春ののどけからましな朝食時に唐突に現れた『理不尽さ』にうまく対処できず、大いに困惑してしまいました。

 さい君が、数ヶ月ぶりに僕が会社に行く前に布団から出てきた目的は『さっき言うことを聞かなかった夫を叱咤するため』だったんです。

 僕は、そろそろ会社にいく時間になってしまったことと、何よりさい君の母国語で『理不尽な!』というのは何て言えばいいのか、出てこなかったので(『あんた、ちょっと論理的ではないぞ』とか意訳しようと思えばできたかもしれませんが、そのときの心持ちは『理不尽な!』という言葉を直訳すること以外を僕の言語中枢に許してくれませんでした。)、つまるところ、さい君の理解し難い怒りに唖然としつつも家をあとにするとになったのであります。

 おいおい、なんで、そうなるんだ?という疑問は未だにありますが、藪蛇になるのを恐れて、それから今に至るまで、さい君とはこの件については話し合っていません。
 
 『唐突な理不尽さ』ここに極まれり、と言えましょう。
 ああ、びっくりした。

=== 終わり ===
スポンサーサイト

目標。

 寝そべっていたら、息子(11歳)が風呂上りに全裸で飛び込んで来て言いました。

 「ねえ、パパ!」
 「うん?」
 「お風呂のあと、すぐちんこを触っても、手を洗わなくていいのは手がきれいだから?
 それとも、ちんこがきれいだからなの?
 どっち?!!」

 はあん?
 この男は、他に思いつくことがないのか。

 それは、小学生だから、『核兵器の抑止力か、核廃絶か、のジレンマ』という命題について悩め、とは言いません。でも、新聞を読んで時事問題について、ええと、そうだな、例えば『少子高齢化って何が問題なの?』なんていう質問をし始めても、決しておかしくはない年齢だと思うんです。それなのに・・・。
 『ちんこか、手か、のジレンマ』なんてどうでもよろしい。
 どうも、まだ思考回路のピントが合ってないですね。
 そもそも、一体どういうはずみに、そんな何の役にも立たない面妖な疑問を思いつくんでしょう。しかも、その問題は、服も着ないで父親の元に馳せ散じて解決しなければならない、即ち、あたかも、焦眉の急でもあるかのような疑問でしょうか?

 父親としては、かなり心許ないです。

 先日も、こんなことがありました。
 いつものように、仕事から帰宅したら、さい君から息子を塾に迎えにいくように命令されました。僕は、おとなしくその指示に従い、塾へと赴きました。
 到着すると、-そこは慣れたもんで、すでに勝手知ったる間柄です。-、
 「こんばんは。」
 と、中にずかずかと入り、自習室にいる、しかし、勉強をしているのか、遊んでいるのか判然としない息子に、
 「おい、フジ、帰るぞ。」
 と声をかけました。
 愚息は、僕に言われるまでもなく、父親の姿を見ると帰り支度を始めました。
 息子が用意している間、しばしの無聊にまかせて、僕は何の気なしに塾の中を見渡しています。と、ある掲示物に眼が留まりました。
 そこには、小さな短冊状の紙がたくさん貼られています。どうやら、生徒さんたち各自の『目標』が記されているようです。
 どれどれ・・・。

 『ケアレスミスをなくす!』 
 ほう、大人びたことを言う子もいるんだな。
 『XX中学に絶対合格!』
 おお、頼もしい。
 『偏差値70!』
 お、具体的ですなあ。

 それぞれが、決意を語っていて、なかなか興味深いです。
 いろいろあります。
 『これが本当に小学生の字なのか』と瞠目させらるような綺麗な字で書かれたものもあります(そういうのは、この年齢では大抵、女の子によるものですね。)。
 かと思えば、塾の掲示板なのに、
 『サッカーを頑張る!』
 なんていうのもあって、これはこれで子供らしくて微笑ましいです。斯様なものも混ざっているというのは、それはそれで児童の集団としては健全だし、一方でこの塾の先生方に包容力がある証し、ともいえます。

 ・・・ところで、俺の息子のはどこに???
 見当たらんぞ。
 「パパ、フジのをさがしてるの?」
 いつの間にか、帰り支度を終え自転車用のヘルメットを被った息子が隣に立ち、僕の顔を見上げながら聞きました。
 「うん、フジは書いてないのか?」
 「ちがうよ、ちゃんとかいたよ!ほらひだりの、いちばんうえ。」
 おう、そうか、そうか、と、彼の指差すほうに視線をむけると、果たして、いつもの乱暴な字を見つけました。
 ええと・・・?

 『世界で、100番に入る。』

 うん????

 この時の、僕の父親としての、もやもや感を表現するのはなかなか難しいです。
 すなわち、読んだ瞬間、感心するでもなく、微笑ましく思うでもなく、頼もしくもなく、かといって、落胆するでもなく・・・、とにかく、『なんだかしっくりこない』というのが偽らざる心境でした。
 なんで、こんなもやもやした気持ちになるんだろう・・・・。
 僕は、自分の中に反射的に湧き上がった心持ちを自分でうまく受け止められずに、再度、息子の決意表明を反芻してみました。

 『世界で、』
 ふん、世界で?・・・。
 『100番に入る。』
 んんん?ひゃくばん??

 どうも、しっくりきません。
 「おい。」
 「なに?」
 「これ、なんだよ?」
 我ながら愚問だな、と思いつつ、しかし、僕の曖昧模糊とした胸中は、そういう言葉を僕の舌をして選択させざるを得ませんでした。
 「なにって、フジのもくひょうじゃん。」
 と、果たして息子は明快に答えました。
 「いや、それはわかるんだけどさ・・・」
 「うん。」
 「世界で100番、てなんだ?」
 「だってさ、」
 「うん、」
 「せかい、でさ、」
 「うん。」
 「いちばん、とかは、むりでしょ?」
 「え・・・?」
 「でもさ、せかいでひゃくばんて、すごくない?」
 「・・・・。」

 そうなんです。ようやく分かりました。
 息子のこの目標が僕にフラストレーションを感じさせたのは、『前半の言葉と後半の言葉が呼応していない』こと、によるものだったんですね。

 前半の『世界で』は、広大で、ロマンがあり、抽象的、幼く、そして、傲岸不遜、です。
 一方、後半の『100番以内に入る。』は、卑近で、下手に現実との摺り合わせまでされていて、いやに具体的で、そして、変なところで少しだけ謙虚、です。
 
 他の生徒さんの目標を見ても、『世界で』なんて広大な分母を相手にしている子はいません。その代わり『100番以内に入る』なんて、妙に現実感を強調しているものもないです。
 なんだなんだ、そもそも、『世界で100番』などということは、現実には判明しようがないじゃないか・・・。それに、よく考えたら、『到底無理』だし・・・。
 どうせなら『一番なんてなれないから』とか言わないで、
 『世界で一番になる!』
 と徹底して大きく表明してくれれば、それはそれで『うむ、男の子はこうでなくては!』と思わせてくれたでしょう。
 或いは、
 『全国模試で、名前が載るようになる!』
 と、精神的に成熟した目標を立ててくれれば『おう、我が子ながら逞しい』と感じたと思うんです。
 親としては困惑しなかったはずです。
 
 『世界で、100番に入る。』

 ・・・・こいつ、大丈夫かなあ。相変わらず、ピントが合ってないみたいだ。
 本当に、先行きが心配です。

 尚、冒頭の、
 「お風呂のあと、すぐちんこを触っても、手を洗わなくてていいのは手がきれいだから?それとも、ちんこがきれいだからなの?どっち?」
 という彼の疑問に対しては、そんなの知らないよ、どっちでもいいだろ、と思いながらも、親としての威厳も保たねばなるまいと、
 「は?・・・まあ、それは、なんだ、そうだな・・・ちんこがきれいだからじゃないか。」
 と、ーいい加減にですがー、返事してやったら、息子は
 「ふうん!そうか、ちんこのほうかきれいだからなのか!」
 と、答えたこっちが一瞬怯むくらいに、痛く得心し、全裸のまま僕のもとから去って行きました。不安です。

 ところで、手を洗わなくてもいいのは、
 「ちんこがきれいだから。」
 で良かったのでしょうか・?そうじゃなくて、手がきれいだから、が正解かな・・・。いや、
 「ちんこと手と、両方がきれいだから。」
 と言うべきでしたかね。
 んん・・・?、ちょっと待てよ・・、うむ、これは、したり!つい息子のペースにはまって『二者択一のジレンマ』だとばかり思い込んで回答してしまいましたが、
 「風呂上りだろうが物が物だから、どのみち、触ったら手を洗え。」
 と、言うべきだったのではないですか!・・・・・これはもしかしたら、ピントが合っていなかったのは『親子ともども』だったのかもしれません。
『いずれにせよ、ばっちい。』ですものね。
 う~~ん、しくじったかしらん・・・。

=== 終わり ===

 
 

仕事ごっこ。3

 僕は、ついには『感動』という言葉を辞書でひいてみるにまで至りました。

 いや、わかっています。筆者はちゃんとわかっているんです。
 このブログの前回、前々回が、さして好評でなかったこと、それらが一部の方、中でも特に女性読者をネガティブなスタンスに追いやってしまっていること、はちゃんと自覚しているつもりでした。従って、よもや続きを脱稿するなどとは僕自身も考えていなかったのです。
 しかし、前回分を脱稿後、さらに情報交換をしたり、例によって業務中にいろいろ調べて見た結果、それらの情報とそれらによって喚起された僕自身の感情の隆起がどうしても、前回、前々回の続きを書かないことを許してくれませんでした。
 もちろん、悩みました。斯様な品の無い内容を三回も続けるのはどうかと・・・。悩みぬいた挙句『そもそも一体、俺は何のためにブログを書いているんだろう?』という質朴にして、抜本的な疑問にまで突き当たり『それは、自分が日々感動したことを誰かと共有したい、ということではないだろうか?』という思いに至り、ついには『感動とは何ぞや?』と思いを馳せ、つまるところこのブログを書くにあたり、辞書で『感動』という言葉をひくにまで至りました。
 三省堂国語辞典にはこうあります。
 『感動・・・ものごとに感じて起こる、精神の興奮。深く感じ入ること。』
 『精神の興奮』!!!
 本当にそう記されているんです。
 幸か不幸か、『泡洗体のその後』を知ってしまった、今の僕の心のありようを表すのにこれほど端的にしてぴったりな言葉はありません。
 なるほど、俺は読者の皆さんと『精神の興奮』を共有したいわけだ・・・・。そういうことなら、これは、お蔵入りにさせるわけにはいきません。

 ・・・・・と、いうわけで『仕事ごっこ。3』です。
 世の『良識ある紳士淑女』の皆さん、特に品の無さにうんざりしている女性読者の方は、今回もご辛抱ください。

 前回分を記したあと、いろいろ探った僕は、さらにオプショナルな世界に入りこんでいってしまったのです。

 まず『密着』です。
 これにもいろいろあり、なんと、
 『水着で密着コース』
 という施術がありました。嗚呼、水着です、水着!しかも、例によって『当店は風俗店ではありません。』とあるじゃないですか。嗚呼、『水着で密着』なのにです!
 ちなみに、僕が調べたお店では『通常の水着か、スクール水着か選択可』とのことです。

 それだけではありません。
 『VIP姉妹コース』
 などというのを標榜している店もあり、これは一体、なにがいいのかわかりませんが、説明によると、
 『二人のセラピストによるマッサージです。王様になった気分を味わえます。』
 なんだそうです。嗚呼、王様です、王様!しかし、この店ももちろん『当店は風俗店ではありません。』だそうです。王様なのに、です!
 精神の興奮を感じざるを得ないじゃないですか。

 それから、例の『泡洗体』ですが、これにも進化系がありました。それは、
 『立ち泡洗体』 
 という派生コースです。
 たちあわせんたい・・・・・。
 どっちがどうなのかわかりませんが、この『施術』への力の入れ方を見ると、どうも通常のただの『泡洗体』より、『立ち泡洗体』のほうが、『何かがよりベターなコース』のようです。

 また、前回の僕の推測、つまりこれらの店では実際には『別方面のサービス』を行っているけれども、保健所の手前、風俗店ではないことをホームページでは装っているだけであり、そこは行間を読んで来店してくださいね、ということに違いない、という洞察、を揺るがすような情報にも出会いました。
 これにも驚き、かつ『精神の興奮』を感じました。
 すなわち、いくつかの書き込みやブログには、こうあったのです。

 『泡洗体というのは、沖縄が発祥で・・・』
 ほう、沖縄なのか・・・・。
 『最近、本土に上陸し、東京、大阪などのメンズエステ界で流行している・・・』
 なるほど、最近なわけね。
 『が、風俗店ではないので、妙な期待をして行かないように。そういうサービスはないですよ。』
 ええ!!!????

 だって、今までの情報を纏めてみて、各々の店の力の入れどころを分析して、そうですね、僕がもし『泡洗体メンズエステ』の経営者になれと言われたら(もちろん、そんなことは誰にも言われてませんが。)、当然、これらの市場に対する訴求店の『いいところ取りのコース』を考案すると、思うんです。
 つまり、こうですね(ええと、マーケティングというのは、自分自身をその対象から完全に外した純客観的なもの、というのはあり得ないと思いますし、あったとしてもそういうのは、往々にして的を射ていないことがあるので、ちょっと、-ちょっとだけです-、筆者の主観や嗜好が反映されているかもしれませんが、ご了承ください。)。

 『巨乳バスト92センチ(Dカップ)のみほちゃんと、同じく巨乳93センチ(Eカップ)のローズちゃんが【VIP姉妹コース】で【スクール水着】を着て、代わる代わる【密着】してくれたうえに【立ち泡洗体】をしてくれて、王様になった気分を味わうことができる。』

 というコースですね。
 豪華です。
 名付けろと言われたら(もちろん、誰にも言われておりません。)、題して、

 『超VIP水着巨乳姉妹密着立ち泡洗体王様気分、精神の興奮、当店は風俗店、ではありません、コース』

 です。
 うむ。
 我ながら、何のことやらわからなくなるくらい、豪華なネーミングではないですか!

 しかし、どうなんでしょう?
 もし、筆者がこういう類の店を経営しろ、と言われたら(しつこいですが、そんなことは言われてません。)、僕が思うに、この種の店というのは『固定客』や『リピーター』がとても重要だと思うんですよね。
 巨乳水着姉妹に密着され立ち泡洗体をされて王様気分になって、安からぬお金を払った(実際、万単位のお金って今どき、特にサラリーマンにはかなりのインパクトを伴う出資です。)挙句、『別方面のサービス』は無しなのに、つまり、何と言いましょうか、そうですね、まるで毎度毎度、
『悦楽のすんどめ』
 みたいな状態で放置されて、それでも繰り返して足繁く通ってくれる客って・・・いるのかしらん??
 けれども、さらに、いろいろ見てみると『泡洗体メンズエステ』を名乗っているところでも、堂々と『風俗店』であることを標榜している店にも幾つか当たりました。
 やはり、水着密着だの、姉妹だの、立ち泡洗体だの(しかし、我ながらすごい文言が飛び交うブログだ。)を提供します、と言っている先述のところは『すんどめ店』なのかなあ。
 しかして、重ねて思うんです。そこまでのサービスが付帯してきているのに『妙な期待をして行かないように』では、なかなか経営が成り立たないのではないでしょうか、と。

 う~~~む、謎はさらに深まります。

 と、いうわけで、謎は謎として、次回は『立ち泡洗体』の『立ち』とは『いったい何が立っているのか?』について、精神の興奮を伴う考察です。
 ・・・・・なんてことは決してしませんので、どうかご安心ください。
 いや、まったく面目ございません。

===終わり===


 
 
 
 

 
プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。