スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所ジョージさん。1

 だいたい気付かれてしまっていると思うんですけど、このブログは、結果的に筆者がかなり独善的に書き飛ばしている、という性質のものが多いです。
 ただ、そういう僕でも、少ないながら気を遣っていることが、実はいくつかあります。
 そのうちのひとつをここで白状しちゃうと、あまりにも有意義でない内容で、最悪の場合ブログ自体がそう捕らえるのは已む無しとしても『筆者の人間性そのものが下劣だ』と思われやしまいか、という心配です。
 今回の内容も、いや今回は特に、うまく筆者の人間性に無用な疑念を抱かれないように書き切ることができるのか、ちょっと自信がないです。
 でも、そういう僕の不安に反して筆がどうしても進んでしまうので、書くに至りました。

 最近はあまり聞かないような気がしますが、僕が子供の頃は、よく、
 『思い出し笑いをする人はスケベなひとだ。』
 と言われました。

 これは、

 『思い出し笑いをする。』
     ↓
 『客観的状況と全然違うことを頭の中で考えている。』
     ↓
 『妄想癖がある。』
     ↓
 『スケベである。』

 と演繹されたのでは、と推測されます。

 ところで、僕はどうかというと、これがまあ非常に頻繁に思い出し笑いをします。自分でも『お、いかん、いかん、ついにたにたしてしまったな。スケベなひとと思われちゃうぞ。』と自覚することが多々あります。
 そればかりか、実家にいた頃などは、母親から、
 「あんた、なに、さっきからにやにやしてるの?」
 と指摘されて初めて自分が思い出し笑いをしていることに気付いたりしていたので、自覚だけで『十分に多い』のに、自覚しないものを含めるとかなり頻繁に思い出し笑いをしている、ということになります。

 これはいかんなあ、でも『箸が転んでもなんとなやら』じゃないけれど、例えば駅のホームで電車待ちをしている列の中に思い出し笑いをしている社会人、なんてそう見ないから、きっと若さゆえであって大人になった落ち着くんだろ、と安易に高をくくって、この癖は放置しておりました。
 ところが、驚いたことに大人になっても全然この癖が治りません。はっと気がつくと、それこそところ構わず駅のホームなんかで思い出し笑いをしていることがしょっちゅうあります。もちろん、自覚なき思い出し笑いも相当数していると思われます。なんだ、大人になっても改善されていないじゃないか、とあるべき姿との乖離にこれまたひとりで口惜しがったりしているんですけど、最近さらにあることに気が付き仰天してしまいました。

 そのこととは、僕が『思い出し笑いをいまだに頻繁にしている』だけではなく、
 『思い出し笑いの対象が進歩していない。』 
 ということなんです。
 まさに、十年一日の如く同じことでにやにやとしている自分に驚かされています。

 『パオパオチャンネル』というテレビ番組がありました。
 以前のこと、それも相当前のことです(調べてみたら1987年から1989年にかけて放送されていたようです。)。この番組は夕方に放送されていた、いわゆる『バラエティ番組』という範疇のものだったと思います。『思います』というのは、実のところ僕はその番組をとりわけ熱心に見ていたわけではないからです。あまり番組内容の詳細も覚えていません。たまに暇つぶしに見ていた程度だったと思います。
 その番組に、あるコーナーがありました。僕の頭にわずかに残っている番組内容です。それは出演者だか、参加視聴者だか、が『ドッチボールをする』というコーナーで、皆さん真剣にドッチボールをしていたと思います(ひどいことにそれすら、詳細は記憶にありません。)。

 それがどうした?と思われるでしょう。

 問題は(問題なのかな?)は、そのコーナーが始まる際に、毎回この番組の司会者である所ジョージさん(だったと思います。)がするタイトルコールにありました。
 なんのことはない『今からドッチボールコーナーが始まりますよ!』という趣旨のコールなんですけど、その際、しかも僕の記憶によると毎回、-毎回です。-、所ジョージさんがこう叫ぶんです。
 
 「にほん、ドッチボールきょうかい、りゃくして、ニドボッキ、こうにんっ!パオパオチャンネルうう、ドッチボールう、たいかい~~~!」

 僕は、当時この『略称』を始めて聞いたとき弾かれたように呵呵大笑してしまいました。
 「うわはははは!『略してニドボッキ』!、うひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ、がははは!』
 番組の中では、なぜかこの略称には特に誰も笑わず触れず、という感じで、すんなりと『怪しげなプレイ』なんぞではもちろんなく『真剣にドッチボールをプレイする』コーナーへと入っていくんです。
 それにもめげずに、毎回所ジョージ氏は必ずこのコーナーのタイトルコールで、『ニドボッキ、こうにんっ!』と咆哮されておりました。
 僕は僕で、この略称に心を鷲摑みに摑まれてしまい、毎回毎回ひっくりかえって大爆笑しておりました。
 正確なことを言えば、略しても『ニドボキ』あるいは『ニドボーキ』になるはずなのに、そこを強引に独自の解釈で『ニドボッキ!』と言い切ってしまう、氏のニドボッキな、もとい、イッポンギな男気にも痛く感じ入ってしまいました。

 
 さて、先日のことです・・・。
 電車の中で、ボーっとしていたら、あれ?とふと自分が『思い出し笑い発作』に襲われていることに気付き、慌てて表情を整えました。そのとき、はて俺はなんで今思い出し笑いをしていたんだ?と、珍しくいつもより冷静に自問自答してみて愕然としました。
 その時、僕はなんと頭の中で、
 「にほん、ドッチボールきょうかい!りゃくして、ニドボッキ、こうにんっ!パオパオチャンネルうう、ドッチボールう、たいかい~~~!」
 とハイテンションで叫んでたのです。

 ええ、俺って、なになに?どうなってるの?いま、2013年だから、ええ?少なくとも24年間はニドボッキで笑い続けてるってこと???十年一日どころではないですぞ?

 にじゅうよねんかんもニドボッキ・・??

 あり得ん!

 僕は、自分という人間の内容の無さに、そうだなあ、つまりなんと申しましょうか、自分はこの24年間で、就職したり、病気したり、ビール飲んだり、残業したり、社内恋愛したり、予算を作ったり、失敬したり、もんじゃ焼き食べたり、失恋したり、テキーラ飲んだり、結婚したり、決算を狂わしたり、失禁したり、風邪ひきましたって嘘をついて会社を休んだり、子供ができたり、いろいろなプレイをしたり(いや、その、ラグビーとか、キャッチボールとか、です。)、とにかく多種のことをして多様に頭と心を働かせてきたのに、それらことどもは全て『ニドボッキ』には適わなかったのだ!!、『ニドボッキ』の前に俺の24年間の脳内活動は哀れ一敗地に塗れたのだ!!という思いに、しばし唖然悄然としてしまいました。

 ・・・・全くくだらない男です。

 でも、やっぱり、『ニドボッキ』にはにやにやしちゃうよなあ。『つまるところ氏は、いかなる状況をもって斯様な言葉と定義せんとするものなのであろうか?』なあんて、自分なりに深く考察してみちゃったりしてね。

 尚、僕が言われているように『スケベなひと』かと問えば、どっちかというとそっちは淡白で年齢に比し旺盛さにやや欠けて残念である、という感じのほうなので当たってはいないんじゃないかなあ?と思っています。
 いや『自己保身のためのポーズ』じゃなくて・・・真剣に、そう思います。


=== 終わり ===


 
スポンサーサイト

みぢかえない冗談。

 久しぶりに、『普段法螺など全く言いそうもない身近な人間が真剣に主張する、ありえない話』略して、『みぢかえない話』、です。

 新入社員の頃の話です。

 青ちゃんは大阪生まれの大阪育ち、で会社の同じ部門の同期です。仕事もよくできますが、大阪人らしく、とても愉快な男です。
 しかも、頭が良いです。

 僕が、青ちゃんは頭が良いなあ、と思った理由は、入社当時、僕ら新入社員全員が東京本社に集められて研修を受けておるときに『世間一般の関西人以外の人が抱いているステレオタイプの大阪人像を逆手にとる』ことで巧妙にみんなの笑いをとっていたのを見たからです。
 『世間一般の関西人以外の人が抱いているステレオタイプの大阪人像を逆手にとる』ということは具体的にどういうことかというと、これは実際に青ちゃんが、
 「こないだの休みにな、新宿行ってん、ほんでな・・・」
 と『実際にやったこと』として話してくれたんですけど、同期のこれまた大阪人とふたりで新宿の大きな有名百貨店に行き、
 「店員のお姉ちゃん相手に、値切りたおしたった。」
 んだそうです。
 よくよく聞くと、真剣に買う気はなかったようで、単に店員さんをからかって受けをとって喜んでいた、だけのようです。
 「しかもな、値切れません、ゆう相手に、とどめにな、『ほな、ええわ、あんたが、社員割引でこうたらなんぼになるんや、俺らはそれよりちょっと高めにあんたから買うがな。それでも定価より安いやろ?』て真剣にいうたってん。」
 「そしたらどうだった?」
 「いや、そらもう、姉ちゃん、口を抑えて爆笑やで。あはは。」
 青ちゃんが大阪の百貨店でも、そうですね、例えば梅田の阪急百貨店でもこれと同じことをしているのか、というとそんなことは、まずないわけです。
 これは、つまり『関西人は金銭感覚に鋭くて、どこでもなんでも値切る』というステレオタイプな印象を逆手にとってあえてそういう関西人を『演じた』わけです。
 なかなか頭がいいです。

 そんな、青ちゃんが、研修中にある日いつものように冗談を言いました。
 「俺な、大阪におる、連れにな、言うたってん。」
 「なにを?」
 「『東京っちゅうのはさすがやで』いうてな、『俺らの建物の最上階からな、あの建物が見えてな・・』」
 そんな会社はゴマンとあると思いますが、僕らの会社の東京本社も一応、通りとお堀を隔てて東京都千代田区のかしこき場所に面しています。僕らは入社してすぐに、そこで新人研修を受けてから、東京本社を含め、いろんなところに配属されるわけです(蛇足ながら、僕も研修後、そのかしこき場所に面している東京本社とは違う場所に配属になりました。)。
 「うん。」
 「それでな、『俺がたまたま最上階から、そこを見てたら、天皇が散歩してたんや。それで、俺が試しに手を振ってみたら、天皇が俺にな手を振り返してきたんや!東京はやっぱ、ちゃうやろ?』ってゆうたってん。」
 「がははは、そんなわけねえだろ!」
 「がはは、そうやねん、、そんなわけないわな!」
 かしこきところは広大で、実際にはどこにかしこきお方がいるのか、さえさすがに僕らの東京本社の最上階からも見えないし、だいたい、そんなに簡単にかしこきお方がうろうろされているのが一般人に見えちゃうんじゃ、これは治安上の、しかも国家的レベルでの問題である、というもんです。
 でも、冗談としてはなかなか秀逸です。
 僕らはひとしきり、笑いました。
 
 ところが、青ちゃんの話はそれで終わらなかったのです。

 「あはは、そうやろ?おかしいやろ?そんなん冗談に決まってるやんか。」
 「あはは、うん、そうだよな。」
 「ところがやな、その連れがやな、」
 と、青ちゃん、急に真剣な顔になり、
 「うん?」
 「そいつがやな、ごっつい興奮して『ほんまか!?天皇が手え振りよったんか!さすがに東京はちゃうなあ!』言うて、まじで信じてしもうたんや!」
 これは、ありえません!
 「がはは、青ちゃん、そこはうそだろ~~、うそつけ!」
 「あほ、ほんまやて、俺も、うわ!?こいつ俺の冗談信用して本気にしよった、どないしょ、っておもたんや。」
 「ぜってえ、うそ!そんなの信じる奴なんかいるわけないだろ。芸能人じゃあるまいし、てんのーだぞ、天皇!」
 とみんなして、笑いながらも、法螺ふくんじゃねえよ、と否定しましたが、青ちゃんはまだ真剣に、主張します。
 「いやいや、ほんまやて、大阪の人間の中にはそういう奴が、たまああに、おるんや、て!そいつはほんまに信じよったんや!」
 
 これは、『生粋の関西人は東京のことを全然知らなくて、ある種憧憬を抱いているらしい』というステレオタイプなイメージを巧妙に利用した青ちゃんの法螺にきまってます。
 しかし、ステレオタイプの演じ方が行き過ぎたために、冗談転じて、『みぢかえない話』になってしまったわけです。
 
 でも、ほんとうに、かしこき方が、気軽にあのかしこき敷地内をうろうろしていても意外に誰も気付かないかもしれないです。
 『かしこきところ御用達』の寝巻きのまんま、朝からお堀の鯉に『ほれ、ほれ』って、餌なんか投げてたりしてね。

 青ちゃんは、今では、要職にあり、バリバリと仕事をしておられます。今度機会があったら、『天皇に手を振ったら、手を振り返してきた話を信じた友人がいる』話の真相を白状させてみたいと思います。青ちゃんの今の肩書きが例え部長補佐であろうと、この話は、どう考えても法螺だと思うので。

===終わり====
プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。