スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会制民主主義。

 ちょっと堅いことを言いますが、『何ものにも洗脳されていない真っ白な人』というのはあんまり存在しないんじゃないか、と僕は思います。
 もちろん、かくいう僕もその例には漏れません。
 例えば、『議会制民主主義は良い制度である。』ということには、僕は比較的に自ら進んでずっぽりと洗脳されているし、それから、そうですね、『会社では利益を稼ぐために働かなければならない。』ということにも、-これにはどちらかというと渋々と、ですが-、洗脳されてます(その割りには全然といってもいいくらい結果を伴っていないのは、洗脳する側、この場合は僕の属する『会社という組織』ですね、にとっては気の毒な結果になっちゃってますけど。)。
 でも、そこは僕なりに、『俺は議会制民主主義も営利追求も絶対的に正しいものではない、とわかっていて、敢えて洗脳されてあげてるんだよ~~~ん、だ。』という(だからと言って、僕は実はマルキシズム信奉者なのだ、とか、アナーキー万歳!とか、いうわけでもないです。どちらかというと『ノンポリ』ですね。)自覚と矜持は担保しつつ、洗脳されているつもりです。

 ところで、僕の息子は僕の意図に反して全然野球に興味がありません。それなりに努力はしてみたんですけど、少年野球に連れていけば一日でやめちゃうし、テレビで僕が毎日のように阪神タイガースの試合を見ているのに一向に野球好き方向に洗脳されてくれる気配がありません。
 今では、僕も『男同士、二人でテレビで野球観戦なんかしたら楽しいだろうな。』という父親らしい願望を諦めて、ひとりで熱心に野球観戦をしています。そういうとき、息子はというと、まるで興味がないからテレビに背中を向けてゲームをしたり、おもちゃをいじったりして、ひとり遊びをしています。

 先日、いつものように僕が阪神戦を(甲子園でのホームゲームだっと思います。)応援していたら、これもいつものようにあさっての方向を向いてひとり遊びをしていた息子が、突然こちらを見て、黙ってテレビを凝視したと思ったら、おもむろに僕のほうを向いて聞きました。
 「ねえ、パパ、なんで『見いつけた!』って言ってるの?」
 「は?」
 唐突であるうえに、野球とは全然関係が無い問い、と思われたので、僕はきょとんとしてしまいました。
 「なんだ、そら?」
 「ほら、パパ、よくきいてよ。おうえんしてるひとたちが、『♪お~~、みいいいつけたああ!』っていってるじゃない?」
 画面では、ちょうど阪神タイガースの西岡選手が打席に立っていました。
 「いや、あのな、違うよ。この選手はさ、にしおかっていう名前だから、『♪お~~、にしおかっ!』って言ってるんだよ。」
 「ちがうよ、パパ、ようくきいてよ、『♪お~~、みい~~つけたああっつ!』っていってるから。」
 僕は、そんなはずはないとは知っていながらも、へえ、聞き様によっては、そういうふうに聞こえるのかな?という単純な疑問が湧いてきたので、しばし黙って画面に見入りました。息子も自分の主張を証明すべく、テレビに正対して野球中継に身を乗り出しています。
 偶然ながら、構図だけは、『男同士、二人でテレビで野球観戦なんかしたら楽しいだろうな。』という僕の希望が一瞬成就したわけです。
 短い沈黙の後、息子が言いました。
 「ほらね、『♪おおお、みいつけたあああ』ていってるじゃん。」
 「言ってないよ。」
 「それでさ、そのあと、『おおお、むうかあしいいっ!』っていってるよ。」
 ??むうかしいい????
 「ちがうよ、フジ、この選手はさ『にしおかつよし』っていう名前なの!だから、阪神ファンの人たちが、『♪おおお、にいしおかあ、おおおお、つうよおおしいい!』って叫んでるんだよ。」
 「ちがうって、『おおお、みいつけたああ、おおお、むううかあしい』だよ。」
 なんだそら。そんなわけないです。
 でも息子の耳には『おお、にしおかあ、おおお、つうよおしいい』が、どうしても『おおお、みいつうけたあ、おおお、むううかあしいい』に聞こえるらしく、主張を変えません。
 これ以上こんなことを議論するのもせんないので、その場は放っておいて僕は再び阪神の応援に戻り、息子も、テレビに背を向けてひとり遊びを再開しだしました。
 
 ところが、それ以来いつもの『野球に対してまるで無関心』というスタンスは変更しないのに、西岡選手が打席に立つ時だけは特別に、息子は態勢を変え、耳をそばだて、
 「あ!『おおお、みいつけあああ、おおお、むううかしいい!』だ!」
 と毎回のように指摘するようになりました。
 僕は、最初のうちこそ、
 「だ、か、ら、違うって。『おおお、にしおかあ、おおお、つうよおおしいい!』なんだって。」
 と逐一反論していましたが、そのうち馬鹿馬鹿しくなって、息子が西岡選手の打席のたびに律儀に『おお、みいつたあ、おお、むううかああしいい!』と言い張るのを、だんだんと適当に受け流すようにするようになりました。
 だいたい、『見いつけた、昔!』って日本語としてもなんだか意味が通じてないじゃないですか?
 何だって野球場に来ている阪神ファンが、みんなで声を揃えて、そんな、考古学者のなり損ないみたようなことを連呼しきゃいけないんでしょうか?
 あり得ません。全く阿呆らしい・・・。

 そんなある日の野球中継で、『走者を置いてここという場面』で左打席に立っていた西岡選手が(蛇足ながら、西岡選手はスイッチヒッターです。)、ライトへ突き刺さるようなラインドライブのホームランを放つ場面に遭遇しました。
 「うおおっしっ!やった!やったあっ!」
 「パパ、どうしたの?」
 あまりの父親の興奮ぶりに驚いたか、息子が尋ねました。
 「ホームランだ、ホームラン、阪神、ぎゃくてんっっ!」
 「へえ、よかったねえ!」
 「うん!」
 「だれがうったの?」
 それに対しての自分の返答を、僕は頭の中で反芻して、すぐに愕然としました。
 すなわち、父親は条件反射的にこう答えたのです。
 
 「うん!むかしだ!」

 ・・・・え?
 どうやら、僕の脳は律儀に主張する息子のコールに嵌ってしまい、いつのまにやら西岡選手が打席に立っているときに、『お、西岡、打てよ、それ、♪おおおお、みいつけたあ、おおお、むうかしいい!』と、ああ阿呆らしい、と思っていたはずの言葉を唱和すること、を繰り返してしまっていたようなんです。
 これを『完璧な洗脳』と言わずして何と言いましょうか!
 自覚だの、矜持だの、のかけらもないです!
 『議会制民主主義』と『営利追求』に加えて『おお、見いつけた!おお、昔!』と、僕が洗脳されていること、がまたひとつ増えてしまいました。
 いやいや、あな恐ろしや。

 暇と、好奇心と、洗脳されてもいいという覚悟、のある人は、今度、是非阪神戦、それもできれば甲子園からの阪神戦中継での、西岡選手が打席に立ったときの応援に耳を澄ましてみてください。
 もちろん、本当に『おおお、みいつけたあ、おおお、むうかあしい!』と聞こえてしまって、そのリフレインが頭から離れなくなったりしても、そこは自己責任というお心積もりで観戦に臨まれたい、とあらかじめ申し上げておきます。
 悪しからず。

=== 終わり ===

 
スポンサーサイト

8736-158。

 人には誰も大なり小なり持って生まれた好奇心、というものがあって『何かを知りたい』という欲求があるけれど、それと同じくらい、それぞれ、

 『特に知りたくはない情報』

 というのがあります。

 例えば、僕は賭け事をしないので(特に理由はないです。単純にまるで興味が湧かないからです。)、競馬の馬の健康状態の情報だの、急上昇している新興の会社の東京証券取引所での株価だの、には全然興味を示さないけれど、野球が好きなので『野球選手の打率』、そうだな、最近で言えば、ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手にはまだまだ頑張って欲しい、という気持ちがとても強いので、暇にまかせて、仕事中も毎日イチロー選手の打率をチェックしては一喜一憂しています。
 さらに言うと、同じ『野球選手の打率』という括りでも、僕は、阪神ファンなので、イチロー選手の打率と同じく、阪神タイガースの鳥谷選手の打率は、
 「う~ん、出塁率が高いとはいえ、三番打者の鳥谷の打率が2割5分台というのは、シーズン後半戦にむけて戦力的にどうなんだろう。心配だ。」
 といった感じでとても気になるけれど、同じ『野球選手の打率』でも、ええと、例えば巨人の長野選選手の打率には全然興味がありません(これも他意はありません。単に巨人ファンじゃないから、というだけです。)。
 これは、つまり、

 『対象が違うと、その情報の属性が同じでも興味の度合いが全く異なる。』

 という現象例ですね。

 ところで、話は変わりますが、僕のさい君は、日本語の読み書きは殆どできないから、新聞には一瞥もくれませんが、そこはやはり女性、持って生まれて好奇心のせいか、新聞の折込広告はいやに熱心にチェックしています。そして、
 「ああ!ひどい!先週私が1,290円で買ったTシャツが、セールで790円になってる!500円損した!」
 とか、大声で騒いだり、
 「お、サブウエイのポテトのクーポン券、切っておかなきゃ。」
 なんて、まめにクーポン券を切り取ったりしています。

 このあいだ、そういうさい君が、手に2、3枚のちらしを握りしめて、僕のそばに来ました。外人であるさい君が僕に助けを求める、いや、命令する、かな、という我が家ではよくある光景です。
 「ちょっと、ケイタ、これ、3,000円だけですむってこと?」
 いつもの『通訳の指示』です。
 「あ~どれどれ・・・・違うよ、ただじゃなくて、これを持っていったら、この遊園地に入る『入場料』を5,000円から3,000円にしてくれるけど、中でのアトラクションの費用は別にかかるってことだな、うん。」
 「なんだ、そう。じゃ、いらないや。」
 さい君は、彼女なりに納得すると、あらかじめ用意していた二枚目のちらしを取り出しました。
 「これは、ジョナサンのドリンクバーがひとり150円になるっていうクーポンじゃない?」
 「うん?・・・どれどれ・・・ああ、これはさ、そういうことなんだけど、条件付きでさ、平日に限る、ということと、他に何か一品オーダーしないと使えないんだって。つまり、ドリンクバーだけでは、このクーポンは使えないんである。」
 「ふーん、そうか、でも切り取っておこう・・・、あと、これなんだけど・・」
 と、さい君は、この日三枚目のちらしをおもむろに僕の眼前に突き出しました。

 「これさ、買いたいんだけど、やり方がわかんないから、変わりにケイタが手続きして。」
 見ると、本日三枚目のちらしは通信販売の広告です。なるほど、さい君は日本語の読み書きができないので、パソコンを使って通信販売のものを購入する、或いは葉書で申し込む、ということができない、あるいはできたとしても何か間違いを起こすんじゃないか、ということで、これもまた、我が家にはよくあることのひとつです。

 ただ、この日、僕の前に突きつけられたそのちらしの大写しにされた写真は、

 『フルカップブラジャー』

 でした。

 「・・・・・ブラジャー・・・。」

 まあ、このブログでも以前書いたように(2010年6月5日『340ミリ。』 http://heiseiasahi.blog129.fc2.com/blog-entry-13.html ご参照ください。)うちのさい君はなんでも僕に買わせる人なので、ブラジャーくらい買わせてもおかしくはないんだけど、でも、やっぱり僕としては今回もそうですけど、その都度、『・・・おや?』って思うんですよね。
 そういう僕の気持ちを知ってか知らずか、さい君は、
 「ええと、この『8736-158』っていうのが『商品番号』で、色はこれね、色番号25番の『ハニーベージュ』、それから・・」
 と写真を指差しながら、ずんずん話を進めます。
 「サイズは、これ、『57番』ね。」
 え・・・『57』って何だ??
 と僕が戸惑いながら、さい君の指さした先をみると、そこには男性の下着の広告には見慣れないマトリックスのようなものがあって、縦軸に『カップサイズ』、横軸に『アンダーバストサイズ』が示されていました。
 それで、彼女バストのサイズの縦軸と横軸によって求められる『サイズコード』が『57』だったわけです。
 「・・・・・・・」
 僕は、期せずして、かくかくしかじか年連れ添った自分のさい君の現在のバストの『カップ』と『アンダーバスト』を知らされてしまったわけです。
 これは、残念なことに、というか、何と言いましょうか、僕にとっては、

 『特に知りたくはない情報』

 だったので、ちょっと、なんだかなあ、という気分になってしまいました。

 しかし、さい君は委細かわまず、続けます。
 「個数は一個。できるだけ早くね。」
 そして、さらに彼女は参考情報として重ねてこう言い放ちました。

 「出来るだけ早くね、いま、わたしね、ブラジャー2つしか持ってないから。」

 「・・・え?」

 よくわかんないんですけど、ブラジャーって『下着」だから毎日洗って使うもんだと思うんです。それを自分の伴侶が、
 『2つしか持ってない』
 って知らされた夫って・・・。
 僕は『女性のブラジャーの在庫数方面』には、まるで明るくないですけど、横浜DeNAベイスターズの先発投手ローテーションじゃあるまいし(ベイスターズファンの方、ごめんなさい。)、2枚というのは、ちょっと心許ないのじゃないかしらん???
 これもまた、僕にとっては、『特に知りたくはない情報』でした。

 世間一般の妻帯者の皆さんは、どうなんでしょう、御自分の伴侶の、
 『現在の』
 『ブラジャーの詳細なサイズ、及び在庫数』
 というのは、知りたい情報ですか?
 ええと繰り返しまずけど、僕の場合は、間違いなく『特に知りたくはない情報』です。『今日のレースの馬場の状況』と同じ範疇です。
 なんだか色気もなにもあったもんではない、じゃないですか。

 けれども、この事件を、さらに一歩踏み込んで検証してみると、例えば(『例えば』です、飽くまで。考察のために一歩踏み込んでみるわけです。)、
 『僕が若かりし頃、例えば10年前に、』
 『例えば、雛形あきこさんの、』(例えば、です。)
 『ブラジャーの詳細なサイズと在庫数』
 を入手できていた、としたら・・・・。
 
 う~~~ん、う~~~むむむ、むむむ。
 これはちょっと『むらむら』、いやもとい、『わくわく』したであろう、と推測されます。
 『対象が違うとその情報の属性が同じでも興味度合いが全く異なる』という好例といえるでしょう。

 尚、くだんの『商品番号8736-158・色ハニーベージュ・サイズコード57』のブラジャーは僕の購入手続きによって遅滞なく正確に届き、さい君のブラジャーの在庫数は、三つとなりました。
 ローテーションに多少は厚みが出来たようで、慶賀の至りであります。
 そして同封されていた『商品名 フルカップブラジャー』と印字された請求書は現在僕の財布の中におり、これまたさい君の命により、僕によって近日中に郵便局での支払い手続きが行われるのを待っておるところであります。
 

===終わり===

 



 
プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。