スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教室。②

 さい君の日本語レッスンのお話の続きです。
 
 最近、レッスンのあとにレッスン仲間とお茶などしてくるようになりました。先日もイトーヨーカドーのフードコートで、中国人のシュウリンさん、タイ人のアオイさん(アオーイソラ、ノ、アオイさん、ですね)、さい君、の女性三人で、お茶をしたそうです。

 ところで、この三人の語学程度を整理しておくと、

 シュウリンさん 母国語以外は、日本語は片言、英語はできない。
 アオイさん   母国語以外は、日本語片言、英語も片言。
 さい君     母国語以外は、英語ができて、中国語片言、日本語少々。

という感じです。
 したがって、この三人がおしゃべりするときの共通言語は日本語になるんですけど、話しが混乱したときの主たる収集者はさい君になってしまうんだそうです。なぜなら、

 ①さい君が三人の中で『相対的に』一番日本語がうまい。
 ②場合によってはシュウリンさんとさい君で中国語で会話する手もある。

だから、だそうです。

 その日、三人でお茶を飲んでいて、さい君がドーナツと飲み物を買いにほんの数分席をはずしたときのことです。
 さい君がいない間、シュウリンさんとアオイさんは、
 「はい、ワタシ、アサ、ムスコ、バス、バイバイ、キュウジ、はい。」
 (アオーイソラノ、アオイさん、は、日本語で会話をするときに頻繁に、『ハイ』と合いの手のようにいれるのが癖です。)
 「オー、ソウデスカ」
 という感じで会話をしてました。

 ところがさい君がほんの少しだけ、席を空けて戻ってきたら話がすごく混乱していました。
どういうふうに混乱していたかというと二人の主たる話題が、

 「ディズニーロンドンへ、行く。」

 という壮大なことになっていたんだそうです。
 実のところこの話を僕がさい君から聞いたとき、僕は思わずここで、
 「なんだって?」
 と口を挟まずにはいられませんでした。だって、あんまりにも話題の出現の仕方が唐突過ぎるじゃないですか。いきなり『ディズニーロンドン』なんて。そのうえに、誰がいつ行くのかも言及されないで、いきなりこれがでてきちゃったんです。

 「そうなの、私もびっくり。」
 とドーナツを買ってきたさい君は大いに驚いたそうです。
 それで、へえ、いったい、いつ誰がディズニーロンドンへ行くのか、とさい君は興味を掻き立てられながら座りなおすと会話に参加しました。
 まず、シュウリンさん曰く、
 「アオイサン、ディズニー・トウキョウ、マダ、デモ、ロンドンイキマスネ。」
 とアオイさんが東京デイズ二ーランドにもまだ行ったことがないのに、いきなりディズニーロンドンデビューをするらしい、コノヒトスゴイ、とさい君に説明したそうです。
 ところがこれを聞いたアオイさんは、
 「はい、ワタシ、シュジン、オカネ、ナイ、はい、ディズニー、ダメ、はい、ロンドン、ダメ、はい。」
 と言い
 「はい、シュウリンサン、イキマス、デイズニーロンドン、はい。」
 と『シュウリンさんがディズニーロンドンに今度いくらしい、私は東京ディズニーランドでさえ行ったことがないし、ましてやディズニーロンドンなんてお金がないから無理だ、すごい、はい。』と主張し、二人の理解は真っ向から対立しました。

 そこで、さい君が日本語だの中国語だのを駆使して事態を紐解いたところ、実は、
 『シュウリンさんが今度東京デイズニーランドへ遊びに行く、ほうなるほど、アオイさんはせっかく日本にいるのに東京デイズニーランドにはまだ行ったことはない、ハイ。』
 というだけの会話だったんだそうです。
 ところがどこからか、
 『でいずにーらんど』
 という日本語が二人の間で、どちらかかの耳の中で
      ↓
 『でいずにーらんどん』
      ↓
 『でいずにーろんどん』

 とほんのわずかの間に外国人同士だけあってか、数千キロもの距離を飛躍し化けてしまい、お互いにそれを言い出したのは相手だ、相手はどうもデイズニー・ロンドンへいくらしい、スゴイ、という理解になっていたんですね。

 ドーナツを買って帰ってきたさい君がその話を収集して結局、三人でなんだそうか、って笑いあって済んだらしんですけど、
 さい君曰く、
 「よく考えたらデイズニーランドってパリにはあるけど、ロンドンにはないわよね?」
 って言ってました。
 そうですよ、『ろんどん、ろんどん』言ってイトーヨーカドーの地下で地球を半周する前に三人とも早く気付きなさい。

 でもよくこれくらいのコミュニケーション能力でお茶なんかしに行くなあ、国際摩擦なんか起こしたらどうするんだろって僕なんか心底感心しちゃいます。まあ、他人事だし、それになんだか愉快だから別に悪くはないですけど。実際ロンドンにディズニ-ランドン、じゃなかったディズニーランドがあったらどうなんだろう、って想像もできちゃいますし。
 やっぱりイギリス人はスノッブだからあまり繫盛しないのかなあ、なんてね、はい。

===終わり===
スポンサーサイト

プチ・ブル。

 最近何に驚いたといって、9歳の息子からいきなり小声で、
 「男同士の話がある。」
 と言われたことほどどきっとしたことはありません。
 
 何の前ぶれもなく、家でごろごろしていたとき(だいたいごろごろしてます)、さい君と僕の距離が離れたのを見計らったように急に真顔でいわれました。
 僕は咄嗟に、電流で体を貫かれたように、
 「は!これは『男親』としてのデビュー戦だ!」
 と思いました。
 だってそうじゃないですか、男の子が母親がそばにいるのに僕に『男同士の話がある』って言うなんて母親には期待できない、同姓であるという共通項を頼みにしているに決まっています。普通の相談と明らかにその趣を異にしているじゃないですか。自分の経験に照らしてもゆくゆくはそういう日が来るだろうとなんとなくは思っていましたが、まさか本当に、しかも唐突にくるとは、と、やや狼狽しました。なぜなら、いざ、となるとくるべきものがきた、と思いつつ、一方で実際にはまるで心準備ができていないことに愕然としたからです。
 果たして息子の期待に応えられるだろうか?もしデビュー戦で役に立たなかったら、彼を孤独にしてしまうだけではなく、父親としての威厳がはやくも地に落ちてしまうではないですか、・・・。不安でいっぱいです。
 さらに、その相談内容に思いを馳せていろいろと予想しはじめました。さては、まさか、いやありうる、こいつ『性に目覚めた』か・・・9歳という年齢、しかも普段の言動からすると、まだ早いような気もするけどもう4年生だからな、多少早いが目覚めはじめる子がいてもおかしくはない、俺もたしか『自分は女のひとの裸ばっかり想像していて頭がおかしいのではないか』と悩んだことがあったな・・・、いや待て、性的に目覚めるっていってもマジョリテイとは限らんな、女の人ではなくて・・・・いや人間相手ならまだしも、犬や猫に・・・、いやいやあるいは、動物ならまだしも、自転車や石に性的興味を感じる、なんていわれたら・・・そういう場合はどうすれば対処すればいいのだ?
 あるいは初恋か!ありうる、勉強が手につかない、とか、うううん、ちょっと俺よりは早いけどありうるな、まあ初恋なんてものは本当は実らないからいいものなんだけど、そんなことを言ってしまっては身も蓋もないな・・・・。
 僕の頭の中はデビュー戦に臨んでの準備不足からくる不安、とまだ見ぬ妄想からまがまがしく凶暴となった対戦相手のことで、いっぱいになりました。

 ところが、一向に息子から切り出す様子がありません。
 これはどうしたことか、我慢できなくなった僕はふたりっきりになった頃をみはからって、
 「おい、さっきの話なんだけど。」
 と切り出しました、すると息子は思いつめたような表情で、無言で僕を、洗面所=脱衣所に連れていきました。
 脱衣所??え、こういうのって普通子供部屋とかでは?なんで脱衣所?やや、ということは、『なんとか性徴』ってやつか、これは『フジのとパパのと見比べたい』なんて言い出すのかなのな?・・・・でもいつも一緒に風呂に入っているし、普段風呂上りに全裸でコロコロコミックを読み始めて母親に
 「早く服を着なさい!」
 って叱られているくらい、そういう面での恥じらいはまだ全然感じられないんだけど。
 「あのね、」
 思いつめています。
 「ママに聞かれるとやっかいだからさ。」
 おおそうか、そうか、なんかやっぱり頼りにされてるぞ。
 「恥ずかしい話なんだけど、恥ずかしい話だんだけど。」
 息子は繰り返して言いました。
 おお、きた、これはやはり性の目覚め!
 「うん、どうした?」
 いやいや恥ずかしくなんかないぞ、パパだって女の人の裸ばっかし想像してだな、とおっとこれはまだ言うまい・・。
 「あのさ、一学期からほとんど話しもしたことのない、同じクラスの木下真由って女の子がいるんだけどお、」
 うおおお、そっちかい、初恋か!
 ははん、さては話もあまりしたことがないのに、なぜか気になってしょうがない、という自分が経験する始めての感情に戸惑っているんだな、こいつもなんだかんだいって成長したなあ、と僕は石や自転車に性的興味を感じる、というような話ではなかったことに安堵しつつ、我が子の成長に多少の感慨を感じながら話を聞いていおました。
 「うん、それで?」
 「その子がさ、」
 「うん。」
 「休み時間とかにい、」
 「うん。」
 なんかいいです、わくわくします。
 「気がついたらフジの後ろをつけてきたり、」
 「え?」
 「あとひどいときは後ろからいきなりフジのおなかをくすぐったりすんだよ。」
 ちょっと初恋の悩みとは違うかな?うむむ、それでお前はどう思っているわけ?
 「それでね、」
 「うん。」
 「それを見た西村が、」
 え?西村くん???
 「う、うん?」
 「『ええ!ラブラブ!』って言うの。」
 ・・・・・・・。
 「ふん、それで?」
 「フジはいやなんだよ!西村にラブラブってからかわれるのが!ぜったいにいやなの!」
 息子は少々肩透かしを食らってかえって戸惑っている僕に、なんで、わかんないかなあ、と苛立ちながら言いました。

 息子の相談の要旨は『西村にからかわれていることはたいへんなストレスである』という一点に尽きているんですね。
 西村くんというのは(西村君ごめんなさい)、いつも息子から聞いてるところによると、なかなかのブルジョアジーで、その財力にものをいわせて学校のお友達に、『いらないから』とか言って、カブムシを盛大にばら撒いたりしていて、そのため小さからぬ勢力を形成しており、その領袖におさまっている同じクラスの男の子です。
 息子はとにかく、このプチ・ブルのクラスメートにからかわれることを避けたくて、僕に相談した、とうのが実情だったんですね。どうも、息子のいう『男同士』、というのは、『クラスの男の子との人間関係あるいは力関係をどうマネージすべきか』という面においての『男同士』であったわけです。
 おい、おまえ、男同士の話って、そういう意味かよ。なんだつまんない、僕は拍子ぬけしてしまい、あまりのことに、
 「そうか、その木下真由っていう女の子はフジのことが好きなんじゃないか?」
 とさしあたりのないことを、つい呟いてしまいました。すると息子はいきなり大きな声で、
 「やめて!それだけは困るんだよ!」
 いや俺にやめてとか、いわれても・・・
 「なんで!?」
 「だって、もしそうだったら、フジはこれからもずーっと西村にラブラブってからかわれるってことじゃない!それはいやなんだよ!ねえ、パパどうしたらいい?」
 あのなあ、おまえな、若い、いや、この場合は違うな、ええと、とにかく『女の子』が後ろをついて来てくれるなんて、人生でそう何回もあることじゃないんだぞ、わかってないなあ、親としては木下さんにお礼をいいたいくらいです。
 そのうちにだな、追跡されたいなあ、と思ったとしても、そう簡単に女の子は『追跡』してくれないぞ、いやいや簡単どころか、例え財産をつぎこんだとしてもしてくれない時はしてくれないんである、なんてことが人生の現実だというのに・・・・
 「だったらさ、やめて、って静かにいえばいいじゃん。」
 もったいないなあ、と思いつつ僕がいうと、
 「もう言ったよ!」
 「それで?」
 「でもニコニコしてなんにもいわないで、まだ続けてくる。」
 ああ、木下さんに土下座してお礼をいいたいくらい、です。
 なんということでしょう。これといった取り柄のない息子に好意をもってくれたのみならず、それを表にだして行動に移してくれたうえに、息子がつれなくしたのに、それにもめげずに笑顔でまだ気持ちをしめしてくれるなんて!!
 結局のところ、
 「うん、わかってくれるまで、やめて、って言えば。」
 ってことで『男同士の話』デビュー戦は、僕にいわせると竜頭蛇尾、あるいは大山鳴動して鼠一匹、という風情で終わりました。
 それは、息子にとってはのっぴきならない事態なんでしょうけどね。

 その後、少し気になって経過をきいてみると、木下さんは以前ほどではないにせよ、まだ息子に好意からちょかいを出してくれているようですが、プチ・ブル西村君からのからかいはなくなった、とかで、息子のストレスはなくなった(何度も言いますけど、息子は木下さんの好意とその行動、に戸惑っているのではなく、西村くんからの冷やかし、を避けたい一身ですので)ようです。わかってないですよね、重ねてもったいない。
 まあ、そのうちこのことのありがたさやもったいなさがわかるでしょうけど、その頃になってあれは惜しかったなんて思っても遅いんであります。
 それから木下真由ちゃん、ありがとうございます。この場を借りまして親としてお礼を申し上げます。

 でも、なんであの相談は脱衣所で、だったんでしょうか、どうもいまでもわかんないです。
 謎です。

===終わり===

ローマは存在するか?

 僕のさい君は(彼女は日本語の読み書きが殆どできなくて、僕のブログにも興味すらもっていないので-興味どころか理解もないです、とほ・・。-、じゃんじゃん書いちゃうんだけど)、科学方面と地理方面に、それはそれは、たいそう暗いです。
 原因はよくわかりません。
 そもそも、人間の男性と女性は、その脳の構造がフィジカルに違う生き物だ、という話を何かで読んだ記憶がありますが、僕は今のところさい君以外の他人の女性と同居したことがないので、この惨状は男女の脳の構造の差がなせるものなのか、彼女の嗜好の問題なのか、はたまた、さい君の受けた教育に原因があるのか、はよくわかりません(さい君の言わせると、主たる原因は教育環境の差、もっとはっきりいうと『教育内容を管轄している政府に問題がある』そうですけど・・。)。
 でも、さい君は一応、大学教育まで履修しているし、世の中に出て貿易の仕事をした経験も少なからずあるのに、
 「ギリシャってアフリカ?」
 だの、
 「ギリシャってイスラム教よね、たしか。」
 とか、
 「ローマって国の名前なの?」
 なんて、ちょっとひどいんじゃないか(ご参考までに、さい君は自称『熱心なプロテスタント』です。)、と思うようなことを平気で言い放ちます。
 まあ、夫婦なので、最近は結婚当初に比べて、あまりいちいちは驚かなくなってきましたけど、先日、久しぶりになんの予兆もなく、『超』のつく大物がかかってきました。

 僕らはそのとき、もう寝る準備をして布団の中にいて、すでに寝息をたてている息子を間にして、お互い天井を見ながら、寝る前のつかの間、さしたる話題があるわけでもなく、ただなんとなくおしゃべりをしていました。
 なんでそういう話題になったのかすら定かではない些細な会話だったはずなんですけど、さい君がいきなりこういったんです。
 「ほら、数年間に消えた惑星、ええとなんだっけ、ほら、本当になくなちゃった惑星、火星だっけ?」
 「ええ!」
 僕は寝床から飛び上がらんばかりに驚きました。だって、僕の理解では火星は無くなっていないし、実際に『火星が消えた』なんてことになったら、のんびり寝床で世間話なんかしてる場合じゃない、と思ったからなんです。
 「おい、何いってるんだよ?火星、消えてないぞ。」
 「あら、そう・・・。じゃあ、火星じゃなかったかしら、とにかく、本当になくなっちゃった近くの惑星があったじゃない?」
 「・・・・・。」
 皆目わかりません。
 何度も言うように僕らの会話は、さい君の国の母国語なので、これはひょっとしたら僕の語学力の貧弱さのなせるわざで、さい君の言っていることは正しくて僕がなにか大きな誤解をしているのかしらん、と思い、いろんな角度からさい君のいわんとしていることを検証してみましたが、たしかにさい君は『2,3年前にある惑星が無くなった』という主張をしています。

 僕はこれを『単なる夫婦の世間話』として放擲しておくことにはあまりにも納得がいかないので、食い下がってさらに会話を掘り下げてみました。
 すると、さんざんコミュニケーションを重ねた挙句、どうもさい君のいっているのは『火星』ではなくて『冥王星』であるらしい、ということがわかってきました。
 さらに解明を試みてみると、さい君は『冥王星が消えた』と確かに思い込んでいますが、それは冥王星が数年前に科学会において、『惑星の定義から外れた』ことを誤解している、ということがわかりました。

 太陽系が安泰でよかったです。

 それにしてもさい君の頭の中っていったいどうなっているんでしょうか?
 『太陽系惑星直列』、でさえ世の中には大騒ぎする御仁が少なからずいた、というのに、惑星のひとつ、それも地球のお隣の火星が消滅したりなんかしたら太陽系には大きな影響があるどころではない、という想像力が働かないのかしらん?
 曰く、『学生時代は数学が得意だった』らしいけど、理数系知識方面全般に圧倒的なコンプレックスを感じている僕でさえ、さい君の『科学方面、地理方面の脳内宇宙図』の深遠さの前には脱帽せざるをえません。
 ただし、そうは言いつつも、僕は実際にギリシャについては机上の知識しかないし(ましてや冥王星になんか行ったことはありません。)、知識を盲信して自分の目で見てもいないことの可能性を全て頭ごなしに否定するのも、ある意味非科学的だな、とも思います。
 それに、そう考えたおかげで(もちろん、さい君はそんなことは100%意図してないでしょうけど。)なんとなく、『ローマを見て死ね。』なんてよく言ったもんだな、俺はなんだかんだ言ってローマを見たことが無いから少なくとも『ローマは国名じゃない』とは断言できるけど、『実在するその美しさを語る資格』においてはさい君となんら変わりはないわけだ、と妙に哲学的に反芻しちゃったりもしました。
 冥王星だって行ってみたら、実際無かったりしてね・・。

 でも『自分の伴侶の発言』としては『こないださ、太陽系の惑星が消滅したじゃん?』という壮大な気安さには、やっぱり、呆然としてしまいます。
 
 ま、さい君がその頭の中の太陽系から火星、and/or、冥王星を消滅せしめていたこと、で『冥王星』という単語の英文訳を覚える機会が得られて良かったですけどね。

 冥王星は英語で、
 『Pluto』
 と、いうそうです。

===終わり===
プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。