スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉野家。

 今回は少し重たいです。

 と、いうのも、今日は現代に生きる日本人にとって、父母未生からのある一大命題を実地に検証しよう、というものだからです。
 その命題とは他ならぬ、誰もが一度は考えたであろう『年端もいかない少年が広辞苑(岩波書店刊)を常用の辞書として使うとどうなるのか?』というものです。

 僕の家には三冊の国語辞典がありました(この、一家に三冊という数字は国語辞典好きの僕に言わせると-もちろん、辞書好きだから博識か、というとそんなことはないです。-ちょっと自分でも驚くくらい少ない数字だと思うんですけど、一般的にはどうなんでしょうか?)。
 ひとつは僕が小学校から使っている新選国語辞典(小学館刊)です。ページがちぎれてしまって、初版年度は不明ですが、序文の日付は昭和三十四年です。二つ目は新明解国語辞典(三省堂刊)です。そして、三つ目が辞書界の大立者にして、どの家庭でもおそらくはそうであるように『自分で買った記憶は全くないんだけど、なんだかいつのまにか本棚にある』、広辞苑(岩波書店刊)です。
 このうち、新選国語辞典は国語辞典がそばにないと落ち着かない僕が会社で使っています。新明解国語辞典は9歳の息子が学校で使っています。それで、僕は、斯様な駄文を書くのにも辞書が必要になる際、重たいなあ、と思いつつ広辞苑を使っていました。

 ある日、息子が言いました。
 「パパあ、じしょお。」
 「なんで?」
 「しゅくだいに『意味探し』があるう。」
 「そうじゃなくて、辞書ならこないだあげたじゃないか。」
 「あれは学校におきっぱなしなの。うちにじしょないの?」
 国語の教科書にある『ごんぎつね』の中から先生が選んだ言葉について、意味を調べて記入する、という宿題がでたそうです。説明するまでもないですが、この宿題の意図しているところのひとつは、辞書を引き方を学ぶ、ということなので、インターネットで意味を探したりしたんではしょうがないわけです。
 「なるほど。・・・今うちにある辞書はさ、」 
 と言いながら僕は本棚に向かい、
 「これだな。」
 と気前よく、しかし、ややサデイスティックに広辞苑を彼に与えました。
 「・・・・なにこれえ?これ、じしょなの?」
 「そうである。しかも日本で一番いい辞書なんである。」
 「ふむむむ・・・。」
 いったいどうするかな、と見ていたら、果たして息子はしばらく考えたあと広辞苑を開き始めました
 
 犀は投げられたのです。ここにおいて、ついに、『広辞苑(岩波書店刊) VS 9歳の少年(混血児)・東大立目の戦い2012』の火蓋は切って落とされたのであります。。
 僕は、これはたいへんなことになった、俺は歴史の証人になるのだ、と全てを投げ打って少年の対面に座り、その一挙手一投足に熱心に視線を注ぎます。

 第一回戦のお題は『しろ(城)』です。
 少年は、
 「ううん、しろ、しろ、しろ・・・」
 と呟きながら自分の顔ほどもある広辞苑と格闘を始めました。なにしろ大部なので、なかなか目的の言葉に行き当たらないのです。近づいた、と思ったら、数十ページも行き過ぎてしまい、それでは、と逆にページをめくると、今度はまた数十ページも戻りすぎてしまい、ということを繰り返しています。それでも、その行き過ぎと戻りすぎの振幅をだんだんと小さくしていき、ようやく『城』にたどりついたようで彼の手がとまりました。
 やや間あり、彼は顔をあげると正面にいる僕を見据えると言いました。
 「パパ、よんでえ。」
 そこは広辞苑、たとえ少年が該当するお題に辿り着いたからといって、そう簡単には落城しません。彼には読めないわけです。
 どれどれ・・・。すると、なんとそこには、11行もの説明文があるじゃないですか。でもまあ、小学校の宿題だから最初の一文を主文的定義と捉えてそれを書けばいいだろう。

 『敵を防ぐために築いた軍事的構造物。』

 僕は、声を上げて読んできかせつつ、感心してしまいました。さすが広辞苑、情け容赦の這い入る隙間もないほど、完璧なまでに堅牢な説明です。
 ところが息子は、僕の音読を聞いてもなんだか反応が鈍いです。
 「・・・パパ。」
 「なんだ?」
 「コーゾーブツ、ってどういう意味?」
 おお、一回戦は広辞苑の圧勝です。

 少年は、なかなか『辿り着かない』、辿り着いても『読めない』、そして読めても、『意味がわからない』、という状態に陥ったわけです。
 鎧袖一触、の感すらあるじゃないですか。でも、この本って、『辞書』なんだよな・・、『意味探し』なのに勝ちっぷりが良すぎやしないか?
 などと思いつつ、
 「そうだな・・・うんと『建物』かな?」
 と、僕が説明してやると、息子は、プリントに
 『てきをふせぐためにきずいたたてもの。』
 と書くとあっさりと二回戦に進んでいきました。ちょっと淡白すぎるようです。それで、いいのか。親としては、なんというか、もう少し『構造物』に食らいついて欲しかったです。

 さて、今度のお題は『ほ(穂)』です。
 おお、これは第一印象としては少年に有利なお題、という感じがするぞ。息子は、またしても
 「ふうむ、ほ、ほ、ほ・・・」
 と呟きつつ、彼の愛読書である『月刊コロコロコミック(小学館刊)』を長さにおいても、厚みにおいても、重たさにおいても、遥かに凌駕する広辞苑と戦っています。
 程なく、先ほどと同じような振り子運動のあと、『穂』にたどりついたようです。
 と、彼が固まってしまいました。
 「パパあ・・・」
 なんだなんだ、今度は『城』と違ってそんなに難解な説明なはずはないんじゃ・・・と僕は彼の手元を覗き込みます。

 『(「秀(ほ)」と同源)①長い花軸の周囲に、無梗(むこう)または短い花梗にある花や果実の叢生したもの。稲・麦・薄(すすき)などにある。・・・・』

 凄まじいです!!大人の僕にもわかんないじゃないですか!
 これは、さっきの『コーゾーブツ』みたいに他の言葉に言い換えられんなあ、なにしろ『無梗』だの『花梗』だのだなんて言葉、見たことすら無いし。『どうしよう・・・・。ところで、これって『辞書』だったんだよな・・・。』と僕はどうしていいやらわからずに、視線を空に泳がせてしまいました。

 と、その時です、この戦いに意外な展開が起こりました。しばらく僕が呆然としたあと、ふと視線を息子の手元に戻すと、彼は
 「ふうむ、かわべり、かわべり、かわべり・・・」
 と三回戦に進んでいるではないですか?こいつ、まさかの試合放棄か、それでは宿題が成り立たないし、そもそも淡白にも程がありますぞ、ここは父親兼歴史の証人として、安易な試合放棄は看過しがたい、と僕はプリントを覗きこみました。
 すると、なんとしたことか息子は、僕の『意訳』を待たずに、『穂』の欄に、
 『長い花軸の周囲に、無梗または短い花梗にある花や果実の叢生したもの。』
 と漢字も含めて一字一句違えずに丸写ししているじゃありませんか?
 これは、すごい。あきらかに『間違いではない』です。なんかひっかかるけど、ある意味すごいです。だって、こう記入されたら先生としても添削のしようがないじゃないですか。なんつっても、辞書中の辞書、英語でいうと、ザ・ディクショナリ- オブ ディクショナリ-(合ってますよね?)、『広辞苑(岩波書店)』の記述をそのまま書いているわけですから。まさに混血少年乾坤一擲の大技、といったところです。

 でも、なんかひっかかるなあ、と僕は三回戦に挑んでいる息子をよそに、しばらく考えて、そのひっかかりが何なのかようやくわかりました。すなわち、息子の大技は『広辞苑との戦い』には有効だったものの、『意味探し』という宿題のアイデンティティ-までをも壊滅せしめてしまっていたのです。

 これでは、やっぱり教育上よろしくなかろう、ということで(僕もブログを書くたびに広辞苑を引くのは面倒なこともあって)、山の神を説得して、数日後息子の家用にという名目で、さい君と息子と一緒に本屋に行き、『三省堂国語辞典(三省堂刊)』を買い求めました。

 『三省堂国語辞典(三省堂刊)』によると、

 『城』は、
 『①敵をふせぐために土や石でがんじょうにきずいたたてもの。・・・』
 とあり、

 『穂』は、
 『①[植]花・実(ミ)が花茎(カケイ)のまわりにむらがりついたもの。②・・』
 とあります。

 うん、9歳(混血児)の身の丈にあっていていいです。息子だけではなく、僕も広辞苑からようやく離れられそうです。

 というわけで、『年端もいかない少年が広辞苑(岩波書店刊)を常用の辞書として使うとどうなるのか?』という広辞苑だけに『重たい』命題の検証結果は、

 『不毛である。』

 というある意味やる前からわかっていたようなことになりました。

 以上。

 ・・・おっと、忘れていました。
 歴史の証人としては、三回戦の結果も備忘として報告しておかなければなりません。

 広辞苑(岩波書店)によると、『川べり』は(説明の全文を引用します。)、

 『川のへり。川のふち。川岸。』

 ・・・・・え、それだけ???なんか、うまくいえなけど、ちょっと油断してる、というか、肩透かしを食らったような、というか、可愛げを垣間見た、というか・・・。
 そうですね、例えていうなら『全身ブランド物で固めた恋愛テクニック抜群の妖艶な女性にその手のひらの上でいいように転がされて散々振り回され、ようやく目覚めてその女性から離れようと決意したときに、女性から電話があり、いきなり「ねえ、今から一緒に吉野家で、牛丼食べない?」と言われてしまった』ような気持ちです。

 ・・・恐るべし、妖艶な女性、あ、いえ、広辞苑(岩波書店刊)です。

===終わり===

 
スポンサーサイト

ブーゲンビリアを覚えていますか?

 僕がさい君の母国に行った最初の機会は、24歳のときの海外出張でした。

 のちに20代の終わりに独身で駐在し、僕にとって謂わば『遅まきの青春時代』(慣れない出向先工場現場での勤務-僕の会社の本業は製造業ではないです。何業かというとまあ、虚業ですね。-や、突然降ってきた僕だけという日本人ひとり体制、主たる客であるフランス人との英語での会話、現地語の習得、などまさに我ながら獅子奮迅した時期でした。)を送ることになるその国に対して僕が訪れる前に抱いていたイメージは、ひとことでいうと『トロピカル』でした。
 すなわち、極彩色の花がそこかしこに咲き乱れ、その花には日本では見られないような綺麗な何種ものアゲハチョウが群がり、辺りの木を揺らせばコーカサスオオカブトのような面妖な角を持った巨大な昆虫がばさばさと落ちてくる、といったものでした。なにしろ、赤道直下、南半球の都市、ですから。
 しかし、初めて行ったその出張で、脆くも、しかも、粉々にそのイメージは打ち砕かれました。その都市が首都、ということもあったんでしょうけど、目に付くものは、新しくできたばかりの、或いは建造中の高いビル、とあきれるような交通渋滞、太陽はかんかんと照っているのに終始どんよりと白く薄汚れた低い空、ばかりでした。ずいぶん図鑑の内容と話しが違うじゃないか、と空港を出てほどなくで早くも思った覚えがあります。
 
 その数年の後、僕は縁あってその国に駐在することになったわけですが、駐在したからといって目に付くものは出張していたときとほとんど変わらず、ひとことでいうと『急激に経済発展を遂げる南の途上国』という景色ばかりでした。それは、勤務していた工場は郊外にあったので、日本のそれの2倍はあろうかという大きさのゴキブリ、おなじく巨大なネズミ、カメレオン、毒蛇、大人の腕ほどの太さもあるオオトカゲ、など―なぜか『地を這う方面系動物』ばかりでしたが。―にこそ遭遇はしましたが、僕の当初のトロピカルなイメージとは程遠い環境でした。
 それどころか、駐在してみてわかったのは、そいういう景色が、一年中、いや僕に言わせると『一年中』というのは一年すると環境が一周する場合に使うべきものなので、むしろ『毎日毎日延々と』ですね、繰り返される、ということでした。だいたいが季節は『雨季』と『乾季』の二つしかなく、しかし、雨季と言ってもスコールが、どしゃっ、と降って、さっと止む、という違い以外に法外に暑い、のは乾季と変わらないので、季節なんかひとつしかないようなもんで、その国の人たちは『生涯、夏。以上。』という感じで、いやいや、これまた僕に言わせると『夏』はその前後にある『春』や『秋』やその対極にある『冬』という気候があっての『夏』なので、夏じゃないですね、ええと、そんな言葉があるかどうかは知りませんけど、『生涯、熱季。以上。』という感じが一番近い、かと思います。

 しかし、そんな、暑さと変わり映えもしない光景の中で、ひとつだけ、僕が魅入られた熱帯独特の生息物がありました。
 それは、ブーゲンビリアの花です。

 ブーゲンビリア
  アメリカ大陸熱帯雨林原産
  オシロイバナ科ブーゲンビリア属
  半つる性の熱帯性の低木
  日本では沖縄、八重山諸島などで見られる
  花言葉『情熱』『魅力』『あなたしか見えない』
(他にもありますが、ここでは都合の良い花言葉だけ並べます。)
  名前の由来Bougainville

 この花は、大気汚染にも強いのか、手入れが要らないのか、その国の気候にあっているのか、とにかく、そこかしこで咲いていました。花の色は、白、濃いピンク、藍色、橙色、などで、低木性とはいえ、大きなものでは、数メートルにもなりました。
 今僕は『花の色』と書きましたが、実はこの木の一般に『花』と思われている部分、つまり、白、濃いピンク、藍色、橙色などに変色している部分は、『葉』や『がく』に近い部分、でようく見るとその変色した三枚の葉に囲まれて、おしべのような直径5ミリくらいの可憐なたいていは白い、『本当の花』が三輪ほど咲いています。
 以前、フラワーアレンジメントを職業にしている日本の人にその話しをしたら、そうなんです、本州では葉の部分の変色はするけど気候が合わないのでほとんど『真ん中の小さな本当の花』は咲かないんです、って言われていました。なるほど、日本の花屋さんなんかにあるブーゲンビリアを注意して見ることがあるけど、だいたい『花』は咲いてないですね。
 現地では、野生で群生なんかしてると、色濃く萌える緑の葉に、鮮やかに色づく葉、その中で小さくもしっかりと存在を示す、白い花達、はとても自然の造形物とは思えないほどの壮観で、南国気分を期待していた当時の自分の心情にもとてもしっくりきて、僕はすっかりこの花が御気に入りになり、愛でるようになりました。ただ愛でるだけではなくて、ほぼ僕しか役員が出勤しないのをいいことに、自分でお金を出してこの木を買ってこさせ、工場の植え込みの空いている部分に植えてしまいました。
 ところで、そんなに素敵な花だから現地の人にも愛でられていたか、というと、これが、どうもさっぱり、のようでした。思うに、それは、ブーゲンビリアの実力不足ではなくて、やっぱり『いつも、あたりまえに、そばにある』という普遍性のせいだと思います。日本人が、毎年その時期にそうなるのはわかっているくせに、やれ桜が咲いたといえば、桜を愛でる名目でろくに花も見ずに桜の木の下で盛大に酔っ払い、やれ、金木犀が香るといえば鼻をくんくんさせてにこにこしたりする、のは、それらに限られた命を感じるからではないでしょうか。
 僕は、かりそめの住人なので、たいそう愛でるあまり、ブーゲンビリアを工場に無断で植えてしまっただけではなく、近くに咲く別の気に入ったブーゲンビリアの木をみつけ、20~30枚も写真をとって、その中で、一番いいと思われる写真を見開きの右に、左にその木から失敬した数輪の花の押し花を貼り付けたカードを作り、当時、赤道をはさんだ遠距離恋愛で日本に残してきた恋人に送ったりもしました。残念ながら、そのカード送付の甲斐もなく、彼女、三宅奈美さんです、の心は僕から離れてしまい、他の男性と結婚しちまいました。だからといって、ブーゲンビリアには何の罪もないです。もちろん、最終的にひとりしか配偶者に選べない、という日本の結婚制度に真摯に則った結果、僕を選ばなかったから、といって三宅奈美さんが責めを負う謂われもないです。三宅さんは目のパッチリした色白の美人だったので、複数の魅力的な選択肢が彼女を迷わせたであろうことは、想像に難くないから、です。でも、損しやがったな、しょうがないやつだなあ、と思わないことも・・・。
 Bougainvilleさんが生きていて、このことを知ったら何て言ったでしょうか?
 「おまえ、みかけによらずロマンティックだな。」
 かな、それとも、
 「なあ、おまえ、やることはやったよ。」
 かな、あるいは意外に東洋思想なんぞに嵌っていて、
 「押し花などけしからん。無益な殺生は慎みたまえ。」
 なあんて言ったりしてね。
 ええと、三宅奈美さんとの話は、まあ、このくらいでいいです。

 図鑑によるとそこにいるはず、のコーカサスオオカブトには駐在中とうとう一度もお目にかかれませんでした。そして今、僕はブーゲンビリアの花には囲まれていません。でもこの花は僕にとって、今でも、僕の『灼熱の地で過ごした遅まきの青春の日々』と、その『青春時代の終焉』の象徴なのです。
 いつの日か、かつて毎日通った工場に行き、僕が植えたブーゲンビリアがまだ咲いているか、確認したいと思っています。

 尚、Bougainville(ブーガンヴィル)さん、というのは18世紀に世界一周を果たしたフランスの探検隊の船長さんです。この探検隊がこの花をソロモン諸島で(場所は諸説あるようです)『発見』し、その存在に探検隊の船長の名を冠してフランスに持ち帰り、その後これが花自体の名となって名前だけが世界中にあまねく逆輸出された、というわけですね。
 僕は、法螺も吹くし、話を大きくしたりするするのは嫌いじゃないですが、この由来はほんとうです。

===終わり===

金本選手、引退。

 これはもう、僕にとっては、ある種のカルチャーショック、と言ってもいいと思います。
 
 世の中や僕が、尖閣諸島だ、中国での反日デモだ、金本選手引退だ、と騒いでいるのに、こんな話題が心の的を射ている人が、少なからずいるなんて、と驚いています。
 もちろん普段から、よくもまあ、延々と同じようなネタだけで、市場が成り立っているな、となんとなく感心はしてましたけど、ここまでとは。

 以下は、僕が先週、無聊に任せて、電車の中吊り広告や、新聞の下にある広告の中の女性向け雑誌(つまり、それらは、かなりの購読者数を持つ、ということを意味します。)、三誌を熱心に観察し、それぞれの広告の中で、一番大きな活字で書かれている見出しを抽出してみた結果です。
 一番大きな文字で書かれている、ということはその雑誌にとっては『目玉記事である』-これを演繹すると『もっとも読ませたい記事』であると考えられ-同時に対面している読者層には『市場性が大きい』『つい食指が動いてしまう』記事である可能性が高いわけです。


 まず、最初の女性向け雑誌の一番大きな文字は、

 『嵐』

 です。
 ・・・それは、まあ、人気グループなのはわかります。僕も相場くんの天真爛漫さは嫌いじゃないし。でも世の中と僕がいろいろと物騒なことに関心を割いているときに、『嵐』・・が目玉記事って、どうなんだろう。確かに桜井くんは、慶應大学なんぞをご卒業されており、文武両道で素晴らしいとは思いますが。


 次です。

 『小雪』

 こゆき・・・?
 なんだかなあ。もともと読む気があって広告を観察したわけではないけど、こういう見出しをいくら大きくされても僕なんかは全然食指が動きません。まあ、売るほうのみなさんも僕のような属性の『市場』には興味がないんでしょうけど、それにしても、『今【小雪】が熱い人達』って・・・、いるんですね。


 三番目の雑誌いってみましょう。

 『明菜』

 すごい。
 これは・・・凄いです。
 確認しておきますけど、この広告は平成24年9月末時点でのものであって、昭和末期のことではありません。いや、驚きました
 『明菜』って・・・。おそらくはこの週刊誌にとってはスクープなんでしょうけど、『明菜』・・・・・。
 『平成24年9月において中森明菜さんの消息をど真ん中のストライクとして取り扱う小さからぬ需要と供給関係が存在すること』、あるいはそこにいる個々の人々の日常など、とてもじゃないですが、僕の想像の埒外です。
 それとも、『中森ではない新しい明菜』、ではないですよね?

 もちろん、誤解されるのはかなわないので、断っておきますが、女性向け雑誌が百年一日の如く延々と『ゴシップ・恋愛・ファッション・ダイエット・占い』を除くといくらも記事がない、というような構成になっているから、といってそれを出版する方々、或いは好んで購読する女性のみなさんの普段考えていることが、僕を含めた男性諸氏より知的レベルにおいて低い、なんていうことを、これぽっちも思っているものではありませんし、いわんや言うつもりもありません。
 だって、男性向け雑誌も『政局・経済・スポーツ・ギャンブル・ジコケーハツ・セックス・女性の裸』以外の記事をみつけるほうが難しいという点においては『同じような記事を飽きもせずに延々と並べている』ということになりますから。(しかもその点自体をここで是非するつもりはありません。)
 ただ『それぞれの好奇のベクトル』が違うだけであって、『【維新】と【みんな】の政策の違いは何か』には興味があるけど『浜田ブリトニーはどうやってダイエットしたのか』にはからっきし興味がない、といって、それをもって知的レベルが高い、というわけではないですよね。繰り返しますが、ただの嗜好の違い、に過ぎないでしょう。
 
 とはいえ、世の中と僕が、竹島問題だ、自民党総裁選だ、城島捕手引退だ、と熱くなっているのに、

 『嵐』
 『小雪』
 『明菜』

 って・・・。
  それは、もちろん、いわゆる『マスコミュニケーション』と呼ばれる主たる情報の発信者の世界が、まだまだ男性社会であり、発信する時点の情報にかけるフィルターが男性目線でつくられているかも、という可能性が大きいことも-つまり、『マスコミ発信の情報=耳目を傾けるべき情報』とは限らない、ということを-僕は否定はしません。
 でも『嵐』『小雪』『明菜』に関心を引き寄せられてしまう読者層が、それもマスのレベルで、厳然と存在しているなんて、ある種カルチャーショックといってもいいです。
 いや、重ねてすごい。

 それと書き出してみて気付いたことがあるんですけど、それというのは、どの雑誌も一番大きな文字は、

 ①芸能人の名前、である。
 ②しかも体言止め、である。

 という事実です。上記の3件の見出しは、いずれも僕が意識して体言止めにしたわけではなくて、完全なる引用で、すなわち、どれもが『嵐が・・』とか、『明菜も・・』などと書いてあったわけではないんです。いずれも申し合わせたかのように『!』どころか『。』すらない体言止めでした。
 これは何か法則でもあるんでしょうか?
 いずれにしても、侮るなかれ女性向け雑誌、の広告、です。

 ・・・え?城島捕手の引退は、世の中ではそんなに騒いでいないんじゃないかって?浜田ブリトニーさんのダイエットと似たようなレベルだ?
 いや、いや、そんなことはないでしょう。来期以降の阪神タイガースにとっては、のっぴきならぬ大ニュースです。
 もし『城島』・・・なんて『大きく体言止め』されたら、世の多くの人がその雑誌を衝動買いするのは間違いありません。
 但し、その『城島』が、『阪神タイガースの城島捕手』なのか『TOKIOの城島くん』なのかは要確認ですぞ。

 それから、ええと、個人的には浜田ブリトニーさんの30KG台突入、には少なからぬ関心があります。


===終わり===
プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。