スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年季。

 僕は男性ですが、女子トイレに入って用を足したことがあります。ええと、僕が性的嗜好においてそういう方面に興味があって好んで恒常的にそういう行為をおこなっている・・・とかいうことではありません。

 以前、会社に行こうとして、朝、駅に向かっていたら唐突に物凄い便意に襲われました。
 僕は、突如として家に一旦帰宅していては到底無理、かといって駅までたどりついて、たいていは塞がっているトイレの個室が空くのを待つにもリスクが大きすぎる(なにしろ、唐突でかつ巨大な便意だったので。)という事態に陥りました。
 ああ、どうしよう。
 そのとき、一軒のパチンコ屋が僕の目に飛び込んできました。どうもパチンコ屋はまだ開店前のようでしたが、そんなことには構っておられない僕は、無茶を承知で、パチンコ屋に突貫すると、あなうれしや、喜ばしや、まだ開店していないはずのパチンコ屋の自動ドアが作動して僕を店内に迎えいれてくれました(僕はパチンコは全くやらないので、その店に入ったこともありませんでした。)。店内では店員さんたちが開店前の準備で忙しそうに行ったりきたりしています。僕は、何か聞かれたら『トイレ借ります!』と喚くしかない、と心に決めて店の奥にあるトイレに猪突猛進しました。
 我ながら結果的にはいい選択だったな、とその時は思いました。
 だって『朝の駅の男子トイレの個室の前の長い行列』-これは平日の朝はまず100%覚悟しなければなりません。-に何度も煮え湯を飲まされてきた僕に言わせると、『開店前の駅前のパチンコ屋のトイレ』は穴場といってもいい、と思ったからです。たぶん、駅よりも綺麗だろうし。
 各々の仕事に忙しいためか、うまい具合に僕を詰問する店員さんはひとりもいませんでした。僕は支障もなく、ドアからトイレに辿り着きました。
 が、好事魔多し!なんとここで、予期もしなかった『掃除中、使用できません。』の看板とチェーンが男子トイレの入り口の前に・・・。ああ、これもまた公共のトイレでは何度も僕に苦い思いをさせてきたおなじみのアレではないですか!まさかここで、そうくるとは。
 僕の気持ちとお腹とお尻の穴近辺の括約筋には、

 ①パチンコ屋は開いてないかもしれない。
 ②店員に詰問されるかもしれない。

 ことには構えがありました。そして、それぞれをクリアーするごとに構えを緩めてきてしまったわけです。したがって、店員に詰問されずにトイレに辿り着いた時点で、すでに、なんといいますか『構えしろ』ともいうべき『余力』は心にも、お尻の穴近辺の括約筋、にもまったく残っていませんでした。
 すなわち、心身ともに、

 ③あとは、脱糞あるのみ。

 と、いう状態だったんです。


 もう駄目だ!
 冷や汗をかきながら顔面蒼白となっていた(おそらくは)余力の全くない僕は、周囲を見渡して誰も見当たらないのをいいことに、その隣の女子トイレに飛び込んだのです。

 数分後・・・、僕のお腹と括約筋は、用を足し終えて、先程までとはまるで別世界にでもいるかのような安寧を得ました。しかし、余裕のでてきたそれらたちとは別に、僕の心は、すぐさま今度は別の重大な問題に悩まされることになったのです。
 そうです。誰にも遭遇せずに、ましてや、性的嗜好から女子トイレに入った人、なんぞという疑いをもたれることなしに、ここから脱出できるのか、という、ある意味では、種類が違うとはいえ、先刻よりも大きな課題に直面せざるをえなかっったのです。
 そして、ああ、なんということでしょう、気分に余裕が出て周りの気配を探ってみると、どうも『隣人の気配』が・・・・。僕がトイレに飛び込むときに-なにしろそんなことに気を配る余裕などなかったので、-すでにいた先客なのか、僕が用を足している間に入られたのかはわかりませんが、あきらかに他の客、しかも、気配からして僕の個室の隣です!に人がいるではないですか!
 わあ、こまった。ここで、下手に出て行くタイミングを間違えて、隣の女性に遭遇したりして、妙な疑いをもたれて警察に連れて行かれたりしたら・・・・、僕の頭の中では最悪のケースが想起され、先ほどとは全く違った理由から冷や汗をかきながら顔面蒼白となりました。
 とりあえずはできるだけ気配を消しながら、隣人が出て行くのを辛抱強く待つことにしました。個室からでてきて実は隣人が男性だった、なんて判明したらきっと普通女性はとても嫌な気分になるに違いないです。でも・・・たとえ個室からでてくれたとして、女性の場合は、お化粧直しとか、『個室から出てからのトイレの滞在時間』が結構長いのでは・・・・、その時間を仮に僕が個室でやりすごしたとして、その前に他の女性がはいってきて、また個室に籠もったら、僕はまたでていけなくて、かつそんなことを繰り返しているうちにパチンコ屋が開店してしまったらどーなる。
 うわあ、そうなると僕は出るタイミンを失ってしまう!それどころか、『朝から女子トイレに何時間も篭城していた男』という、それこそそういう方面に性的嗜好を持った人として、あらぬ嫌疑をかけられてしまうかもしれません!
 これはいったいどうなる・・・・・。
 僕が気配を殺し、警察への弁解などを考えながら-弁解つったって、『うんちがもれそうになってパチンコ屋にはいったけど、男子トイレが掃除中で使用できなかった』しかないんですけどね。-固まっていると、突然、隣の個室のドアが開きました!
 しめた!隣人のお帰りだ。ここであわよくば隣人が鏡の前で長居などせずに、さっといなくなってくれてこの女子トイレに無人の時間が訪れればその間隙を縫って脱出だ!
 僕は小さく拳を握り無言でガッツポーズをしました。
 そう思ったとき、僕のその安易な計画を早くも打ち砕く出来ごとが起こったのです。そうです。新しいトイレ使用女性の入場です。その気配を感じたとき、個室の中の僕は大いに落胆しました。これは予想していたけれど歓迎しかねる事態、すなわち、いつまでも女性の行き来が絶えずに個室に閉じ込められる、ということになるのだろうか。
 あああ。

 その時、信じられないことが起こりました。
 今考えてもよくあんなことが、と重ねて思います。
 新しくトイレに入ってきた女性が、僕の隣人と鉢合わせすると、
 「うわああっ!」
 と大きな悲鳴を上げたのです。

 ええ、俺、もうばれたのか!?

 僕は、狼狽し咄嗟に自分の行動を反芻しました。いや、なにも露見するようなことはしてないはず、と、それでも必死に気配を殺している僕の耳に飛び込んできたのは以下のような会話でした。
 「いや、はっはは、ちょっと借りたの。男子トイレ掃除中だったからさ。」
 「ああ、びっくりした!びっくりした!!!」
 なんと僕の『隣人』は年配の男性-声から察してあきらかに-だったのです。しかも彼は用を足すと、女性がはいってくるというのに、臆することなく堂々とでていき、むしろ予想外の出来事に悲鳴をあげて驚いている入ってきた女性に、
 「いや、はっはは」
 ので始まる短い言葉で状況を説明して、事態を収束してしまったんです。説明された女性のほうも大いに驚きながらも-そら驚きますよね。-その年配の男性の動じない説明に-その『説明の内容』とは実は僕が警察に言おうと考えたいたことと状況や語彙の数こそ違えど、ほぼ同じです。-つまるところ丸め込まれてしまったようです。
 
 うおお、すげえ、ああいうふうにすればいいのか!

 僕は隣人の年季を積んだ態度にしきりに感心し、俺はまだ青いなあ、と思いました。
 さあ、僕の番です。しかし、僕は、その場ですかさず、出て行き、
 「ああ、驚いた!」
 という女性に『僕もさっ!もうひとりいたんだよ~~~ん』と、さらに驚愕させる勇気がなく、やはり、息を殺して個室に留まってしまいました。
 結局、その女性が個室に入ったあと、人の気配がないのを確認して、こそこそと女子トイレを-先ほどの年配の男性よりよっぽど挙動不審です。-誰にも見られることもなく脱出することに成功しました。

 別に悪いことをしているわけではないので(ですよね?)、次回こういうことになったら(もちろん、そういうことにならないにこしたことはないんですけど)僕のかつてのかりそめの隣人のように呵呵大笑して極自然に、堂々と出て行こうと思っています。
 でも、あんまり自信はありません。
 まだ年季の積み方が足りないのかなあ。

===終わり===



スポンサーサイト

御代川さん。②

 僕の名字が『比較的に珍しい』ことに起因する話、の続編です。

 そういう経験は他の人にもあると思うけど、僕は思春期のある時期、自分の先祖についてなんだか興味をたくましくしたことがあります。と、いうのも、前回、僕と同じ姓で、平家の落ち武者を先祖に持つ人がそのいわれを滔滔と語ることについて書きましたが、なるほど僕の名字は、僕が学校で習った範囲では歴史上に現れたりするような名前ではありませんが、その使われている漢字の一部から『いかにも侍っぽい』成り立ちを想像させるからです。歴史上に名を残すような名家ではないとしても、きっと勇ましい出自を持つに違いない、と僕はその漢字の持つ印象から期待し始めました。
 それで、たしか、中学生くらいの頃、父親にそもそも『みどり家』の先祖は何者であるか、と聞いたことがありました。すると『何事につけてもEASY GOINGな』父親かずまさは即答しました。
 「あ、先祖?ああ、かいぞくだ、かいぞく。」
 おお-、海賊!
 いいぞ、と僕は思いました。客観的に考えると海賊というのは掠奪を生業としているわけで、誉められたもんではないですけど、なにしろその頃の僕は自分の先祖について『客観的に考え』られるような年齢でも心情でもなかったので、極主観的にその勇ましさにわくわくしました。ううむ、悪くない。父親は満州うまれだけど、その前は北九州と聞いていたし、引き上げてきて落ち着いたのは下関だから、きっと、瀬戸内海や壇ノ浦あたりを縄張りに暴れ周り、戦国時代のどさくさかなんかにまぎれてその姓を名乗りはじめたに違いない。『海賊』というある種アウトローであるという属性も中学生の男の心情にはぴったりでした。俺は瀬戸内を暴れまわった海賊の子孫なのだ、と僕は勝手に状況まで拵えて単純に胸を躍らせました。
 ところが、その『胸躍らせる先祖の話』に冷や水を浴びせるような出来事が高校の地理の授業で起こりました。そのとき、どういう経緯かわかりませんが、地理の友利先生は『日本人の名字について』講義してくれていました。曰く、
 「今の日本人はほぼ明治維新後の戸籍を作成したときに適当に名字をつけた子孫と思って間違いないです。ま、このクラスくらいだったら100%そうでしょう。」
 というのです。いやいや僕は違います、海賊の子孫です、と今にも言おうとした僕を差し置き、友利先生は続けます。
 「しかも確率からいって、ほぼ全員農民の子孫ですね。だいたい字でわかります・・・ああ、このクラスでいうと『みどり』なんて間違いないですね。お百姓さんの子孫です。だいたいこういう名前は明治以前にはなかった名字ですし。」
 友利先生の話では、僕の本名の漢字のうち、ある漢字が(確かにその漢字一字に限っていうとたくさんの名字に使われていました。そしてその漢字は『侍っぽい』と僕に信じ込ませていた漢字とは別の漢字でした。)『水』を大事にする、という意味が込められていて、それは農民の証拠だ、っていうんです。
 僕は、この話にたいそうショックを受け、悲憤慷慨して、その日帰宅するとさっそく父親を捕まえて詰問しました。
 「お父さん、うちの先祖って海賊なんだよね?」
 すると、『何事につけてもEASY GOINGな』父親かずまさ、はまたしても即答しました。
 「はあ?かいぞく?なんだそれ、違うぞ。」
 ええー、違うのかよ!どうも以前の父は期待に胸を膨らませる少年の気持ちに簡単に迎合して適当なことを、つまり口からでまかせ、を言ったようなんです。
 「ええとな、元はたしかちょっとした富豪でな、今は無いが、かつては広島に『みどり御殿』ってよばれた大邸宅があって、その子孫だ。うん。とし坊がそういうのを調べるのが好きでな、調べて歩いた結果だそうだ。」
 ・・・・・うむ、いい加減なことを言われていたのは合点がいきかねますが、これはこれで考えて見ると悪くもないです。だいたいどこにいたのかもわかんない『海賊、以上。』なんてのよりも『広島の名家で、みどり御殿、というのがあった。』っていうほうが、ぐっと具体性があります。聞き様によっては海賊よりも由緒正しそうだし。ううむ、なるほど、きっと庄屋か名主階級で力をつけて富をなし、どさくさにまぎれて名字帯刀なんぞを果たしたに違いない。それ見たことか地理の友利先生よ、俺は一介の農民の子孫などではないのだ、みどり御殿の子孫なのだ、と僕はこれまた単純に溜飲をさげました。尚、『とし坊』というのは父親のすぐ下の弟で、僕の叔父さんですね。

 それから、かなり時はくだり、僕がもう社会に出ていたころのことです。
 僕の『先祖探しの歴史』に、それはそれは衝撃的な発見があったのです。ネットで歴史上の人物に僕の姓を持つひとを発見したのです。浅学な僕の知る限りでは、未だにこの人物が後にも先にも歴史上に現れた僕の同姓の唯一の人物です。しかも、その人物、ある女性です、は、さる歴史上の超有名人物、おしもおされぬ日本史上の英雄、にゆかりのある女性の長女、だったのです。
 その『英雄』とは、だれあろう、坂本龍馬、その人であります!
 御存じのように坂本龍馬は艶福家として知られていますが、龍馬に近かったある京都の女性(その女性は名前だけ残っていて、姓はなかったようです。)の長女が、僕と同じ名字を名乗っていて、自分が見聞きした龍馬のことを証言しているではないですか!ただし、歴史上の解釈では、その京都の女性は、かなり龍馬と頻繁に接触していたものの、いわゆる『男女の仲』ではなかったことになっています。また、よく調べてみるとその長女がそうである、と断定するには年齢的には龍馬がかなりおませでないとそういう想像を成り立たせるのには少し無理がありますが、僕はたいそう興奮しました。
 そして『いやいや、多少無理があるにしても龍馬が若き日にお手つきをしたのでは・・』と考えたのです。この長女が龍馬の落とし胤で、彼女が我が家の先祖だったとしたら・・・、
 「お、おれは、坂本龍馬の子孫!」
 少ない可能性ながらも、曲解に曲解を重ねて僕は、たいそう奮い立ち、沸々と血がわく思いでした。
 そうか、俺には龍馬の血が流れているのだ、どうりで、現代の確立されたシステムの中では課長にすらなれないわけだ、俺には乱世であったり、会社などというちっぽけな舞台ではないもっと大きな枠組みこそ、向いているのだ、なにしろ坂本龍馬の子孫なんだからな、と自分の会社での不遇でさえ、そのせいにして陶然となりました。
 僕は、さっそくこの事実を父親に伝えました。すると、『何事につけてもEASY GOINGな』父親かずまさは、果たしてそんなことは知らなかったようで、
 「へえ!ほんとうか!」
 と驚いていましたが、間髪を入れずに『坂本龍馬の子孫説』よりももっと衝撃的なひとことを、しかし、あっさりと言い放ちました。
 「ああ、と、でもな、俺やお前には、みどり家の血は流れてないぞ、うん。」
 へ?
 「みどりってうちに子供がなくてな、それで、俺の親父が、おまえの爺さんだな、が、もらい子されてきたんだな。それで、おふくろを嫁にもらったわけだ。昔で、いう『取り子、取り嫁』ってやつだな。うん。親父はたしか、かじたに、って家からきて、おふくろは、しおた、だったかな、うん。」
 え?ええ~~~~!そんな大事なことをなんで今頃!

 俺って誰?

 だったら龍馬ゆかりの京都の女性の話なんて、いやそれどころか、広島のみどり御殿の話も俺には全然関係ないじゃないですかっ!
 僕の、壮大な想像、いや、妄想『緑慧太、坂本龍馬子孫説』はこうしてあえなく水泡に帰しました。
 
 のちほど、この顛末を兄夫婦にしたら、なんと兄の嫁(これまた結構珍しい名前なんですけど)のうちも名字を残すために何代か前に『取り子、取り嫁』をしていて、兄の嫁にはその珍しい名字の家系の血は流れていない、ということが判明し、つまりは、兄の子供たちに至っては、『父親の名字の家系の血も、母親の旧姓の家系の血も流れていない』ってこととなっています。

 そして、先日、あることから僕の母方の親戚があつまって、図らずもわかったんですけど、僕には、母方からは、いしかわ、かがわ、たていし、という血が流れているそうです。つまり、僕自身は、しおた、かじたに、いしかわ、かがわ、たていし、の子孫なんだけど、『みどり家』とはDNA方面では全然関係ない、ってことです。いわんや、坂本龍馬をや、です。

 ま、ものの本によればそのほぼ全部がでっち上げとされる戦国大名の家系図も含めてだいたいの日本人の名字が、その成り立ちや伝承はいい加減なもんらしいので、僕もそのいい加減なもん、のひとりだった、ってことですね。

 ちなみに、このブログを書くにあたって、父親に父方の旧姓(かじたに、と、しおた、です。)を再確認しようと電話したら、『何事につけてもEASY GOINGな』父親かずまさに、そこまで必要もないのに、何を思ったか突然まくしたてられました。
 「あのな、かじたには、名家なんだぞ、おれのおやじのな、母親のお祖父さんが・・・」
 え?俺の祖父さんの母親のお祖父さん・・???
 「吉田松陰の影響をうけて、乃木大将をアレした人で、」
 なんだって???
 「くまのナントカって名前で、そのことでそのくまのナントカさんの銅像が、」
 どおぞお???
 「下関の乃木神社にあるんだ。ほんとうだ、俺もその銅像は見てきたから。かじたには、名家なんだ。詳しいことは、とし坊に聞いてみろ。あいつはそういうのを全部しらべたからな、うん。」
 「・・・・・。」
 僕の祖父さんの曾お祖父さんが吉田松蔭に影響を受けた、くまのなにがしさん、で乃木希典をアレして下関の神社で銅像になっている・・・・・。
 ご先祖様にはちょっと悪いですが、もう、何だっていいや、って感じです。

 それよりも、いい年して『何事につけてもEASY GOINGな』いちばん近い僕の祖先、父親みどりかずまさの性格はなんとかならないですかね。

===終わり===


プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。