スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゅくだい。

 そのとき、僕は息子の部屋にいました。
 世の中の多くの、おっと科ちちおや属かいしゃいん種、に見受けられる兆候に違わず、僕も『自分の部屋』はありませんが、息子は個室を持っています。尚且つ、『学習にはほとんど使わない』くせに名前は学習机、という立派な机もお持ちです。
 息子の『暴君フジ』は、宿題が嫌いです。それがどうした、と思われるでしょうが、宿題に限らず世の中の『00嫌い』には、二通りあって、『嫌いだからさっさと済ましちゃう』タイプと、『嫌いだから、とりかからずになるべく現実逃避しちゃう』タイプ、があります。ええ、前者の例は、駅のロータリーで『う~~ん、緑くんはニ番目に好きだから、だめー。ごめん。はい、おしまい。』と言った山重さと子さん、後者の例は公園のベンチで『緑さん、結婚については、もう少し時間が欲しいの。』と言ったのに、すでにその時点で今のだんな様との結婚式場を予約されていた三宅奈美さん、ていう感じですね。暴君は後者の典型で、何がどうなろうと寝るまでに片付けなければいけないことがわかっている宿題になかなかとりかかりません。おまけに、『同類をみつけると根拠もなく安心するタイプ』です。

 その日は、ことさらにさい君の機嫌が悪く、暴君は母親をして強制的に暴君部屋に追い込まれました。しかし、そこは、暴君、ただではおさまりません。
 「わかったよ。じゃあ、パパと一緒に宿題するよ。パパ行くよ。」
 と『同類を見つけて安心しよう』と僕の手を引っ張ります。
 以下、さい君と暴君フジの、さい君の母国語での会話、
 「だめ!宿題はひとりでしなさい!」
 「なんで!?」
 「パパは宿題はないからよ!」
 「え~、パパもしゅくだい、あるんだよお!ねえ、パパ?」
 ん?『パパのしゅくだい』・・・・・?
 「パパ、いつも寝ころんでしてるよ。一緒にフジの部屋でする!」
 ははあ、あれね・・。いや、パパのは、その、左遷二回目の部署が専門知識のいる部署で、それを覚えないとついていけなので、家でも、いやいやながら ― 特に阪神戦の放送がない日は比較的長時間にわたって― 睨んでいる、企業の決算書から読み取る『預貸率の計算式』だの、『潜在株式調整後の一株当たり当期純利益の計算の仕方』だの、であって(実は、未だに記憶できてませんけど)、しゅくだい、とは違うんである。しかし、暴君にとっては、それもこれも似たようなもん、おたがいたいへんだよなあ、と密かにシンパシーを感じていたようで、とうとう引っ張りこまれてしまいました。まあ、それもたまにはいいか、と暴君の部屋に寝転がり、(純支払利子率と実効利子率はいつも混同するなあ、だいたい両方必要なのか、ああ、面倒くせえ。)と僕は僕の『宿題』を睨んでいました。その横の学習机に座る暴君。なにやらおとなしく、しかし、集中しているようなので、まあ、よかった、と安心していました。すると、それまで沈黙していた暴君が、『有利子負債利子率』と格闘している父親に、突然質問をします。
 「パパ、『カンイン』ってどういういみ?」
 僕は、一瞬、なんのことか全く分からず、有利子負債利子率には悪いですが、息子のほうを向きながら、身を起こします。
 「ん?宿題にそんな言葉がでてくるのか?」
 「しゅくだいじゃない、どういういみ!?」
 「おい、フジ、そらあ、何語だ?」
 息子は、最近、どうも南半球生まれ育ちのモンゴロイド、である自分の母親の日本語力が怪しいのに気が付きはじめ、わからない日本語は僕に聞いてくる傾向にあります。くわえて、母親とコミュニケ―ションをとるために、『0000、って日本語で何て言うの?』などと、母親の母国語から日本語への変換にも、稀に父親を使いだしました。だから、僕は、聞いた瞬間の音、では、息子が日本語の意味を聞いているのか、母親の母国語の意味を聞いているのか判然としません。
 「にほんごにきまってるでしょ!!なんていういみ!カンインて。」
 息子は暴君ぶりを発揮し始め、苛々しています。(決まってるでしょ、ってこいついったい何を見て、そんなことを言ってるんだ?「会員」、「換金」、「掛け金」、かなんかと読み間違ってるんじゃなかろうか?そもそもさっきからおとなしくしいていたのは、宿題をしていたのではないのかな?)と起ち上がって、息子の手元を覗き込むと、何やら子供向けの塗り絵の本を手に持っています。
 「なんだこれ?フジ、これ、しゅくだいじゃないだろ。
  ちゃんと宿題しろよ。パパも宿題してたのに。」
 「うん、するから、カンインのいみおしえてよ!」
 どれどれ。と、その本を手にとると、色彩も鮮やかな表紙に『ゴスペル ぬりえ&ゲーム きゅうやくせいしょ』とあります。ぱらぱらと中をみると、『せかいのはじまり そうせいき1しょうの おはなし①』とあって、かみさまが、いちにちめにつくられたもの、よっかめにつくられたもの、と絵があり、色を塗られるようになっています。ほかには『エデンのその そうせいき 1しょうのおはなし②』の塗り絵があったり、ノアの箱舟の絵の間違いさがし、なんぞがあります。
 「へー、フジ、これ、どうしたの?」
 「うん、こないだ、教会でもらった。」
 おお、なるほど。
 さい君は、自称『熱心なマルティン・ルタ―派のプロテスタント』です。それを結婚前に聞いたとき、不勉強な僕は、さい君の信仰に対してどうこうとは思わずに、(へえ、今でも『マルティン・ルタ―派』なんていう源流の名を冠するシンプルな派があるんだ!!すごい。)と感心しました。それで、不勉強で申し訳ないなあ、と思いながらも、さい君に好奇心からいろいろと尋ねたら、どうも会話に齟齬があります。なんか、おかしいなあ、と思ってたら、さい君が、
 「ケイタはキリスト教徒でもないのに、よく知ってるね。」
 て、言うので、あれ?と思って、
 「あのさ、マルティン・ルタ―って、まさか知ってるよね?」
 「もちろん! いつの時代の人で何をした人かは
  よう知らんけど。」
 「!!!」
 ていう会話になりました。ので、さい君の自称するところの『熱心さ』についての議論はここではいたしませんが、日本でも、たまに教会に行きます。それで、暴君が机にすわってまで現実逃避して、熱心に読んでいたその本は、子連れで教会にくる信者の子供さんたちが退屈しないように用意された本のようなんです。もちろん日本の教会なので日本語です。(ふ~ん、教会もなかなか工夫してるんだなあ。)と僕は、息子が宿題をしていないことなども忘れて、ページをめくり『しゅつエジプトき 14しょうのおはなし』などを興味をもちつつ読んでます。(ふむふむ、ふむふむ。)と次にページをめくると、今度は塗り絵ではなく、クイズのページです。『かみさまの10のことば』とあり、簡単な絵の横に、文章があり、虫食いになっているフレーズを埋めるような形式になっています。(おお、これは、十戒というあれだな。ふむ、これは、大人向けの聖書の入門編としても楽しめるな。)と熟読する父親です。答えは最後のページにあります。(4.『00000をおぼえてこれをせいなるひとせよ』・・・ん、何だっけ?おお、『あんそくび』か、なるほど・・・・)と没頭していた僕が、次の瞬間、まさに5分前の現実に引き戻され、思わず、
 「え、えええええ!!」
 と大声をあげてしまいました。この大声は今思うと、
①さっきまで忘れていた暴君の質問の意味が一瞬にして氷解
 したことへのある種の爽快感 
②この言葉を子供にどうやって教えていいのか、という困惑 
③この本をつくられた方は、当然、今まさに対峙している僕と
 暴君のような会話を予想されたはずであろうに、という素朴
 にして深い疑問、
が、一度に噴出した叫び、といえましょう。
 そこには『7.か00んしてはならない』とあるじゃないですか!!そうなんです。フジが僕に聞いたのは、まさかの大穴、ある意味では、大本命、の『姦淫』だったんですねえ。
 そこへ、二人とも宿題しているはずの部屋から洩れてくる、何やらにぎやかな会話を聞きつけ、さい君が、はいってきちゃいました。そして、成り行き上、『姦淫』について、7歳の子供に日本語で、うんじゅーうん歳のさい君にさい君の母国語で、説明するはめになりました。一体、ほかの親御さんたちはどうされてるんでしょう。
 それより、そもそも論として、この種の絵本に『十戒の虫食いクイズ、答え「姦淫」』って避けて通れなかったんでしょうか?いえ、あの文句ではなくて、素朴な疑問です。だって、7歳の人間から、
「姦淫って何?」
 って聞かれたら、びっくりしませんか?結局、暴君への日本語での説明も、さい君へのさい君の母国語での説明も -どう説明したのか、多少逆上気味だったので、覚えてませんが― なんとか切り抜けました。我ながらたいしたものです。
 尚、蛇足ながら、『潜在株式調整後の一株当たり当期純利益の計算の仕方』はいまだに覚えられません。
====== 終わり =========
スポンサーサイト

さかな

 多勢に無勢、と申しますが、実際、自分の主張が圧倒的に少数派であり、かつ、どうでもいい議論になると、人は、いや、もとい、僕は『興奮して攻撃的になる』ということを身をもって経験しました。
 時は、十数年前、僕が、ある南半球の工場で、日本人は僕だけ、あと三百数十人が全員現地人で、僕を『オヤブン』と呼ばせていた『いちゃもん』の回で紹介申し上げた職場での話しです。
 もちろん、日本人ひとり、首都から三十キロの郊外、取引相手はフランス、使う言葉は現地語と英語、七人いる役員陣のうち現地人の社長を含め毎日職場に来るのは僕独り、というのは『恵まれた環境』とは言い難いです。しかし、一方で、普通の会社の駐在事務所と違って、家族的であったり、 -土曜日も出勤なんですけど、土曜日にはスタッフが幼児を連れてきて事務所の中を幼児が遊びまわっているときがあったり(もちろん、オヤブンは申請された覚えも許可した覚えもないですけど。)- より現地のひとと親密にならざるを得なかったり、という点ではよい経験ができたと思います。
 ある日の午後、その日は、たぶん、シーズン物を扱っている我が工場の数少ない閑散期で、事務所の中もなんとなく南半球らしくのどかです。スタッフも雑談などしつつ時間を過ごしています。事務所の前の玄関には、僕が好きで自費で植えさせた赤と白のブーゲンビリアの花が葉の緑に映えていて、風が、いや空気の移動が、といったほうがいいでしょうか、ゆんらりとその花と葉っぱを揺らしています。とはいっても、のんびりしているのは現地人スタッフで、僕はそこは日本男児ですから、『仕事なんてやろうと思えばいくらでもあるぞ』というニッポンサラリーマンの不文律の例外に洩れず、ひとり北半球温帯型ここにあり、という勢いで仕事をこなしています。と、そのうち、無聊を持て余したスタッフの一人が、唐突に、
 「オヤブン、日本では鶏はなんて鳴くのだ?」
 と聞いて来ました。
 「え?何だって?」
 「だからさ、国によって動物の鳴き声って表現が違うらしいじゃん?日本では鶏は何て鳴くの?」
 (ああ、そういう意味か、こいつらすっかり赤道直下南半球モードだなあ。)
 「こけこっこー。」
 僕は、自分のペースを邪魔されたくないので、簡潔に淡々と答えました。すると、いままで、複数の話題にわかれて雑談していた南半球スタッフがにわかに団結し、全員呵々大笑です。
 「はははは!なになに、もう一回!オヤブン!」
 僕は、自分がおぼえず笑いものにされたことと仕事を中断ざるをえなくなって不機嫌に、もう一度、
 「こけこっこー。」
 「だああははっはっはあああああ!!」
 スタッフお喜びです。(なんでえ、こいつら!今急ぎの仕事がないだけで、原材料の調査とか、サンプルしか作っていない商品の確認とかすることはいくらでもあるだろ。)と日本男児は甚だ不機嫌です。
 「オヤブン、それはどうかしてるよ、鶏はね、」
 いいよ、教えてくれなくても!
 「コッコロ ヨ~、だよ。日本では何だっけ?
  おかしすぎて覚えらんない。」
 「こけこっこー、だ!」
 「ぶうあははははあああ!!」
 「はあはあ、じゃあ、犬は、犬!」
 日本人は十分仕事を掻き乱されたうえに、自分の国では常識であるはずのことどもを笑いものにされて、妙なナショナリズムが勃興し、もはやガチンコ体制です。(お、きたな、犬か?)声もでかくなります。
 「わんわん!」
 「だは!わんわん、だって~~~~~~、
  ぎゃっははっははは!笑いがとまんねええ~!」
 僕は、場が場なら逆の立場であるはずなのに常識を口にする度に笑いものにされることに敗北感を覚え、ひとりガリレオ・ガリレイの如く、隔靴掻痒感、孤独感を感じ、しかし、ガリレオのように表面上妥協する大人でもなく、最早彼らと同じく仕事の手をとめ、興奮して真正面から戦いに挑みます。
 「オヤブン、犬は、ゴンゴン!。わんわ・・って、
  ぎゃはっは!」
 「オヤブン、猫、猫!?」
 「ニャオン!」
 「ニャ・・!!どっはははははははあ!!」
 「蛙!」
 「ゲロゲロ!!」
 「がっっっ、っはははははは!!」
 と、もう、スタッフ;単語で動物名を質問、僕;真剣に大声で鳴き声、スタッフ;大爆笑、の繰り返しが止まりません。なんだ、なんだ!自分ら多勢だからって、笑ってやがるが逆の立場にたってみろ、と僕の苛々とナショナリズムが最高潮に達っせんとしたそのとき、いたずら者の若い女性スタッフのシエルが、
 「さかな!」
 「さかなだ?魚は日本ではなあっ!・・ん?
  さ、さかな?」
 考えこむ僕をみて、シエル曰く、
 「オヤブン!この国でも、さかなは鳴きません
  よーだ!」
 「だっはははっはははっはははははははは!!!
  オヤブンたら、一応考えてやんの!」
 事務所中最高潮の大爆笑です。やられました。普段は、数字に異常によわくて、この子若くて可愛いんだけど、もうちょっとちゃんとできんかなあ、と思っていたシエルにはめられました。

 もう忘れましたが、確か、彼の地では、猫は『メオ~~ン』だったと思います。
 それでも 猫は、にゃおん、ですよね!!ふん! 
 終わり

340ミリ。

(こういうのが、世間でよく言う『結婚してからわかる価値観の違い』っていうのかしらん?)と、僕は、ぼんやりと思いました。

 僕のさい君は、ある南半球の土地でうまれ育ったモンゴロイドです。有体に言ってしまえば国際結婚というたぐいです。これもよくあることですが、僕の数少ない恋愛経験話の中でも、『結局、結婚まで至った恋愛』というのが、一番話としてはつまんない、のでなれそめについては特に今回は触れません。国際結婚なんて花粉症と同じくらい何回生まれてきても自分には関係ないものと思っていたのに、はからずも、あれよあれよというまに気づいたらそういう身分になっておりました。同じく、はからずも、おやおやと思っているまに気づいたら重症の花粉症になっておりました。いや、驚きました、きついです、花粉症。僕は、3月から5月にかけては日本の経済活動が花粉症のおかげで落ちているのではないか、という持論をひそかに持っていまして、・・いや、え~と今回は花粉症は関係ないし、持論を誰かに盗まれるおそれもあるのでやめときます。ごめんなさい。

 さい君は、よく、僕に仕事をさせます。これからして、自分の両親の関係をみて育った―父親かずまさは、いわゆる縦のものを横にもしない、という男でして―僕からすれば、尋常でないことですが、それくらいのことはまああるさ、『なにしろコクサイケッコン』だからな、と僕は都度言い聞かせています。さい君が、僕の財布の中身を勝手に見ても、朝出かけるとき100%起きてこないのも、僕のものは一切アイロンをかけてくれないのも、たまに皿を洗ってあげても無反応なのも、仕事中に『お菓子をつくりたいんだけど薄力粉と強力粉のちがいって何?』と今じゃなきゃだめなのかよ、という質問を電話してくるのも、ふむ『なにしろコクサイケッコン』だからさ、と受け入れていました。お互い同国人と結婚したことがないので、普通の日本人の皆さんが『結婚してみてわかる価値感の違い』をあまねく『国際結婚だから』のひと言に逃げ込むというのもなかなか便利なものです。

 ある日のこと、いつものように仕事帰りにさい君から携帯に電話がありました。
 「ケイタ、いまどこ?」
 「いまちょうど駅を降りたとこ、交番のまえ。」
 「おお、良かった。ちょっと薬局に寄って買い物してほしい。」
 「うん。何?」
 ちなみに、緑家は駅から歩いて5分、もし僕が不動産業なら3分(不動産業の方、ごめんなさい)と言いたいくらいの距離で、その途中に大きなドラッグストアがあります。さい君と僕の会話はさい君の母国語です。さい君は彼女の母国語以外に英語がかなり、北京語が少し、日本語が少し、できますが、僕は、英語が苦手で、中国語はできないので会った時から今に至るまでさい君の母国語で会話してます。
 「あのね、いい?ロリエ買ってきて、色はね・・」
 「え?何?ロリエ?」
 それって、まさか生理用品というモノでは?
 「そ、ロ・リ・エ、外装の色はダークネ―ビ―、夜用340ミリ。」
 とその属性を縦板に水のごとく描写するさい君。「ロリエ」は固有名詞なのでそのまま発音してます。一方、生理用品を買ってこい、と言われた衝撃を受け止め、かつ許容する段階まで到底辿りつけず、しばし呆然とし、さい君の力説する属性など頭に全く入らない彼女の配偶者。
 「あのさ、それって今じゃないとだめなのかなあ。」
 とさすがに緊急避難措置を試みました。
 「あたりまえよ。だから頼んでるの。そうじゃなかっ
たら明日自分で買いに行くでしょ?」
 へ?そう、理屈ですなあ。まあ、『なにしろコクサイケッコン』だしな。でもなあ・・・。
 「あのさ、ほかに薬局で買うものないの?」
 これは、リスク回避策その②、エロDVDを借りる高校生のように『木の葉を隠すには森の中』というやつですね。他の買い物に混在させて、男性が生理用品を買う、という事実の怪しさを、避けられないまでも、せめて薄めようという魂胆です。
 「無い。それだけ。」
 回避策その②、即粉砕。
 「・・・そう。それで何を買うんだっけ?」
 あきらめました。開きなおって、確認作業に。
 「だ・か・ら、いい?ロリエ夜用340ミリ、パッケージ
の色はダークネ―ビ―、わかった?」
 「ほーい。」
 と歩きながら非常に複雑な男心の葛藤を経て、ちょうどくだんの店に到着しました。しかし、そう簡単にミッションは成功しません。全国推定300万人の生理用品を買ったことのある男性ならご理解いただけると思いますが、生理用品って種類がすごく多いんです。平日の19時前後ということもあって、店内はお客さんもまばら、レジも閑散としています。入ってすぐに、いきなり生理用品の積まれているワゴンに遭遇しました。ははん、これが生理用品のコーナーだな、こんなにわかりやすい場所にあったのか、どれどれ・・・・。携帯片手に、客もまばらな店内で生理用品のワゴンを物色する小太りの男性。無い。電話しよ。
 「あのさ、見当たらないんだけど。」
 「え、なんでよ。ロリエ夜・・。」
 「わかってるよ、ロリエ夜用340ミリ、色はダークネービーしょ?」
 僕は、もう開き直っているので、特に小声でもなく、かと言って大声を出すわけでもなく、生理用品ワゴンの前で棒立ち。しかもさい君の母国語でしゃべっているので、少数とはいえ、周りの人には
 「*#”%!&&%$#”!” ロリエ &
  %$%%$%!」
って聞こえてますね。
 「ちょっとケイタ、どこにいるの?」
 「どこって、はいってすぐのワゴンのところ。」
 「ああ、それはセール用よ。右奥のコーナーに
  あるのよ!」
 多少怒り気味。なんだよ、そんなに急を要するなら自分で買いにくりゃいいじゃねえか、へいへい、右の奥ですね。と移動しました。あります、確かに。でもこれがすごい種類!えと、ロリエ夜用・・・とつぶやきながら探しますが、どうも確信がもてません。それらしいのが、一番下のほうにあったので、気付いたら生理用品コーナーで、いわゆるうんこ座りをする小太り。電話、電話だ。
 「あのさ、らしきものあったんだけど。」
 「どんな見た目?」
 「えと、ロリエ、え、うん夜用、値段は、かくかくし
  かじかだな。」
 「340ミリ?」
 「ん、そんなの書いて・・・、あった!うん340ミリ。」
 「じゃ、それ買ってきて。ありがと。」
 その間、店員や他のお客さんは、
 「#$$"!&%$ ロリエ &%$#&&%$# 円 
  $#"%'&'&$# ミリ $$!?」
 と、不可解な言語を耳にし、『店の隅でうんこ座りをし、携帯片手に生理用品をにらむ小太りな男』を目にしていた、ことになります。

 ようやく、目指すものにたどりつき、誰も並んでいないレジに行きました。推定全国500万人の生理用品のみを単独で購入したことのある男性の皆さんならご理解いただけると思いますが、そのままレジ袋にいれてくれても僕としては、最早、一向にかまわないのに、ああいう商品って、すんごくしっかり、中が透けて見えないように茶色い紙でつつんでくれるです。それをまた、閑散としたレジでぼーっと待ち、ようやく帰宅しました。今度ばかりは、違和感を感じたので、帰宅してすぐ、
 「ほら、買ってきたぞ。でも、あなたはだんなにかような
  買い物をさせて、だんなに対して、かつ、世間様に対し
  て恥ずかしくないか?ちなみに、わたくしの知る範囲では、
  日本人の女性にはこういう習慣はないと思われる。」
 と言いました。それに対して、さい君は、
 「全然。なんで?」
 「・・・・・・。」

 今度ばかりは、(こういうのが、世間でよく言う『結婚してからわかる価値観の違い』っていうのかしらん?)と、僕は、ぼんやりと思いました。
 いや、これこそ、『なにしろコクサイケッコン』っていうことかなあ。どうもいまだに釈然としません。 
 薄力粉と強力粉の使い分け方もいまだに、もちろん、わかりません。

 終わり
プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。