スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親 みどりかずまさ。

  お陰様で僕の両親は健在です。父親は、元サラリーマンです。
 声が常に大きい、のと、人の話を最後まで聞かない、そして、負けず嫌い、という悪癖を有する以外は、知る範囲では、大過なく人生を送ってきました。
 加えて、一般の家庭人に比すと、少しだけ、『飲む』のがすきで、少しだけ『搏つ』が過ぎて、そして― 息子として知る範囲ですが―すこうしだけ『浮気』が多い、というだけの、いち市民です。
 それから、『自称英語が得意』かつ『自称メジャーリーグ通』ですけど、たまに実家によると、
 「おい、慧太、いまから、あれ、やるから見るぞ。」
 「あれってなんだよ。」
 「あれだ、松坂だ。レッドセックスだ。」
 「ああ。そう。でもお父さん何回も言うけど、レッドソックスだよ。『靴下が赤い』っていう意味だからさ。そういうマークがユニフォームにもついてるでしょ。『赤いセックス』なんて破廉恥な名前の野球チームがあるわけないだろ。」
 「きょうは松坂だからな。」
(全然人の言うことを聞いてません。この辺がこの男の真骨頂です。)
 「いや、だからさ、『ソックス』だよ。」
そこで母親が全く動じずに、
 「いいのよ。いつもそう言ってるから、ほっとけば。」
などという会話がよくなされます。
 そんな、ありがちな いち市民ですが、それでも、そこは人間ですから、変な言動が人並みに多少はあります。父親は―かずまさ、と以下記します―は、英語とメジャーリーグ以外にも趣味があり、『自称映画通』です。実際に映画は好きで、僕が大学生になんなんとする頃、突如(いつも突如でしたけど)夜中に泊まりに来た僕の友人の山案山子くんが玄関に入るや否や、『いらっしゃい』も言わずに、開口一番、
 「山案山子くん!今テレビで、○○というすごくいい映画をやってるから、すぐ見なさい!!」
とブリーフ一枚で『命令』したこともあります。僕は、またか、と無視してぐうぐう寝ちゃいましたが、山案山子は、かずまさと別の部屋に僕といるにも関わらず、かずまさの勢いに押されて、布団のうえに座って、横で寝てる僕をうらめしがりながら、見たくもなんともない映画を見たそうです。
 繰返しますが、確かに、かずまさは、映画好きです。映画に関する本も少なからず持っているし、語らせるととても詳しいです。曰く、ロック・ハドソンは大統領候補になりそうになったことがある、ケン・ノートンは映画に黒人奴隷役で出たことがある、マリリン・モンローはJ.F.K.とのスキャンダルがあった、ジョン・ウエインは、マーロン・ブランドは、ジュリアーノ・ジェンマ、ソフィア・ローレン、スティ―ブ・マックイ―ン、ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャンディス・バーゲン、ジェームス・ディ―ン、アラン・ラッド、カ―ク・ダグラス、石原裕次郎、赤木圭一郎、アル・パチ―ノ、オ―ソン・ウエルズは、「駅馬車」「シェーン」「OK牧場の決闘」「第三の男」「スティング」「慕情」「ローマの休日」は・・・・・・・、語りだすときりがないんです。でも・・・・?、そうです。不思議というか、気の毒というか、どういうわけか、かずまさの映画歴は、『映画しか娯楽がなかった』という時代で止まっているんです。確かに好きだし、詳しいんですが、『自分の趣味がUP DATEDされていない』という自覚は全然無いみたいなんですね。僕はというと、特に好きでもないし嫌いでもない程度です。だから、かずまさが山案山子くんに薦めた、いや、強要した『夜中にやっていたすばらしい映画』も、すんごく古い映画で、そうじゃなくても映画に特に興味のない山案山子には、後日このことで散々文句を言われました。でも『泊めてもらっておいて文句を言う』っていうのも盗人猛々しい野郎ですよね、だいたい山案山子は・・・、いや、話をかずまさに戻します。
 もう、20年くらい前のある日、かずまさにひとり来客がありました。どうもかずまさの部下らしいです。さして広くもない我が家では、客人には申し訳ないですが、僕ら家族は別の部屋といえども、彼らの会話の聞こえる範囲に同席するはめになります。ふたりは、アルコールも入り、上機嫌で話が弾んでいます。僕は聞くともなしに会話を聞いていました。特にかずまさは声がでかいですから。と、途中で話題が映画について、になりました。かずまさは、すわ自分のテリトリー、と、俄然テンションが上がります。
 「おう、俺はなあ、映画あ、大好きなんだ。おまえもか!」
 「はい、好きなんですよ。課長には及ばないとは
  思いますけど。」
と、部下だけに根拠もなく謙遜してます。かずまさは、そういう遠慮を建前と受け取るような、ちんけな男ではありません。
 「そら、そうよ、俺のほうが間違いなく長く観てるからな。
  それで、おまえ、どんな映画が好きなんだ。おう?」
と映画の見識においても会社の上下関係を敷衍させて、かずまさは部下にせまります。
 「いや、最近は、忙しくて以前ほどあまり見る時間が無くて。
  でも、良かったですねえ『アマデウス』は!評判以上だっ
  たと思います。」
と客人は、世の中の評判に迎合してるわけではないですよ、と身分をわきまえた範囲で意見をいい、かずまさの対応を待っています。と、そこで、かずまさは、
 「アマデウスうう???」
とおうむ返しに言い、しばらく
 「アマデウスか・・・。」
と題名を口の中で転がしながら、なにやら沈思黙考しています。部下は、その予期せぬ重い反応に少し固くなり、自分の世俗一般と似通った意見に対しての『あんなものは、おまえ、世の中の評価に比べたら、大したもんじゃない。それより、あまり評価はされていないが、○○xxを観ていないのか。』という『自称映画通の上司の反論』を怖れてか、かしこまっています。
 「いや、あのストーリー展開は、やられたあ!
  って思いましたよ。」
と部下は『沈黙への反論』を試みました。
かずまさ「ストーリー展開?」
とまた、言葉を転がしています。
部下  「はあ、あのまさか、ああいう
     結末とは・・・・。」
と多少、いぶかしげに返答します。
かずまさ「・・・・・・。」
部下  「・・・・。」
 と、いきなり、かずまさの頭の中で、『アマデウス』と『ストーリー展開』と『結末』というキーワードが膠着したらしく、弾けるように、言いました。
 「おう、おう、あの結果か!あれはなあ、結局
  あいつらが、レスビアンというわけよ!!」
 アマデウスを観たことがある人はおわかりになると思いますが、その部下は、かずまさのあまりの独特な解釈に面喰って、ほぼ思考停止に陥っています。
 「・・・レ、レズビアン、です、か???」
 「おう、そうだ。そういう結末だ!」
と、部下の動揺に、どうだ、とむしろ優越を感じているかずまさです。
 「え、あの、課長、でも、あの映画の誰と誰が・・・。」
と部下は、『自称映画通上司』の意見の正当性を懸命に検証しています。どちらかというと女性の役割はあまり重要でない映画だし、仮に出てくる女性が同性愛だったとして、モーツアルトの死因とレズビアンにどういう因果関係が???と、かわいそうに狼狽も極まっています。
 「誰がって、全員だ、全員!!!」
 「ええ!!ぜんいんレズビアン!!・・
  ??ですか・・?」

 僕は、この会話を最初は聞くともなしに聞いていて、途中から、なんだか怪しくなってきたなあ、と聞き耳をたて、最後のほうには、完全にこの会話の齟齬を解明したので、面白くて堪りませんでしたが、外部者でもあるし、なにより行くとこまでいけばどうなるかという興味もあって、黙ってましたが、あまりに客人がかわいそうなので、ここに至って、口をはさみ、この史上稀に見る映画評論に幕をおろすことにしました。アマデウスについて―そりゃ、アカデミー賞までとってますからね― 一般的な知識もあり、かずまさの『映画通の正体』―確かに詳しいが、UP DATEDされていなくて、かつその自覚が本人に無い、ということ―、『負けず嫌い』であることも、知っている僕でなければ、ほどけない結び目だったかもしれません。

 「あのねえ、お父さん、『アマデウス』っていうのは最近
  の映画で、モーツアルト毒殺説、という新解釈を唱えた
  映画なんだよ。」
かずまさ、一向に動揺せず、
 「ん? なんだ、なんだ、そうか。」
そして、『え!「アマデウス」の存在すら課長は知らないのか!』という表情で絶句する客人をほうっておいて、最後に、
 「お父さんの言っている、『全員レズビアン』の映画は
  『アマゾネス』でしょ?」
と、静かにとどめをさしました。
 「お、そうそう。なんだ、違うのか。あれはなあ、はっきり
  とは表現してないけど、結局、全員レズビアンというわけよ!」
と堂々とかずまさは、とうにどうでもいい話題になった『全員レズビアン説』を誰にするでもなく主張しています。
 自称映画通のかずまさは、俺の知らない映画が人口に膾炙するわけはない、と思い込み、自分の知識の中で、『アマデウス』と『ストーリー展開』と『結末』のキーワードで出てきたのが、『アマゾネス』だったわけです。そして『多少題名が違うが、負けるわけにはいかん』かったみたいです。確かに、ある意味貧困な現代映画知識の中から諦めずに『同じ五文字で、しかも、うち三文字は同じ』という題名を短時間で導き出し、かつそれに確信をもって議論に挑んだ、という面では大したものかもしれません。でも、レッドセックスといい、アマゾネスといい、たぶん、家の外では、いろいろやらかして、誰にも指摘されてないんでしょうね、きっと。周りのみなさん、たいへん申し訳ありません。
 加えて、話の流れとはいえ大声で「ぜんいんレズビアンだあ!!」なんて、家庭内で連呼するには、あまりふさわしからぬ言葉です。まあ、母親は寸分も動じてませんでしたけど。終わり。
スポンサーサイト

「みぢかえない話」②

 「げへへへ! うそつけ~~! 作ってんじゃねえよ!」
 「ほん、ほん、ほん、ほんとだって!ほんと、ほんと!」
 深谷くんは、小さいけれどまん丸な、アイアイのようなその目をあらん限りに見開いて、懸命に僕らに主張してます。

 今回は、『普段法螺など全く言いそうもない身近な人間が真剣に主張する、ありえない話』略して『みぢかえない話』、その②です。とある事情で、僕は10数年まえ、南半球の某地に住んでました。そしてその日は、その地に住む同年代の日本人が家族であつまってそのうちの一人の家で食事をしていたときのことです。あることがきっかけで、『国民性の違い』について話題が集中しました。何人かが、それぞれの経験を披歴したあと、メンバーの中でも特段に海外出張の多い、僕ともつきあいの長い深谷くんが自分の経験を語りだしました。そうです。深谷くんは、小柄(縦も横も小さいってやつです)で、色黒、大きくはないがまん丸い目をした愛嬌のある顔をした青年ですが、決して法螺ふきではありません。だけに、僕は、ごく普通にリラックスして聞き入っていました。深谷くんは普段から、わりと早口です。
 「うんと、うんと、どこだたか?とにかく中東のさ、
どかの国の空港に着いたときさ、バゲジクレム荷物
でてくるの待ててさ、」
 と筆記におこすとほとんど、『てにをは、や、伸ばす音、や、ちいさい「っ」をすっ飛ばしたような勢い』でしゃべります。もちろん実際に彼がそんな器用なしゃべり方をしているわけじゃないですけど。みんなは、僕もそうですが、リラックスしながらも、『深谷くんの話を聞くモード』に自然と聴力をあげて聞いています。
 「でさ、俺、荷物さ、全然出てこなくて、いい
  かげんな国だな、ちくしょ、て長々と待たさ
  れてたとこにさ、」
 と途切れもなくしゃべり続けます。
 「なんか、右肩に感じてさ、見たらさ」
 うん?何だ,何だ?
 「見知らぬ現地人らしき男がさ顎をさ、俺の右肩にさ、
  それでさ、」
 「おい、なになに?」
 と数人が異口同音に口を挟みました。
 「だから!顎が右肩にさ、びくりするだろ?
  それでさ、」
 「いや、ちょっと待て。なんだって?」
 栃麺棒を食らったような友人たちに構わず、話を進めようとする深谷くんをひとりが制しました。
 「要は、荷物を待っていたら、知らない外人が
  おまえの肩に顔をのせていた、ということか?」
 「だか、そう言てるだろ、それでさ、」
 先を急ごうとする深谷くんと、僕たちの理解度にはまだ温度差があって、しかし、ようやく『バゲッジクレームでうんざりしながら荷物を待つ小柄な深谷くんの肩に≪見知らぬ外人が顎を乗せている≫という絵』が頭の中で映像に描かれ出して、可笑しさがじんわりとこみあげてきました。深谷くんは小柄なので、彼の肩に大柄な外人が顎をのせる―その話の真偽はともかく―には確かにちょうどいい位置なんです。
 「おい、そいつはなんでお前の肩に
  顎をのせてるんだ?」
 「どこの国だよ?」
 「それって、知り合いの外人なんだろ?」
 「はずみで、一瞬だけそういう体勢になった
  だけなんじゃないの?」
 とみんなが『頭の中の映像』と『あり得なさ』の溝を埋めようとして、一気に質問し始めました。僕は、その時点ですでにその映像のおかしさでニヤニヤが止まりません。
 「いや、ほんと、え?国は忘れたよ、中東どっかで、
  知り合いじゃないよひとりで出張、え?ちがうよ、
  ずとのせてるんだよ、つまりさ、」
 と深谷くんは、聖徳太子かの如く質問をさっと捌き、口角泡を飛ばし、真剣に話しを続けます。
 「そいつさ、その知らない外人はさ、疲れてさ、
  俺の肩に顎をのせて休んでいるわけよ。」
 一同大爆笑。
 なかんづくこの手の話が何より好きな僕は、もう垂涎ものです。そこからは、僕と深谷君の1対1の会話が、自然と議事進行のイニシアチブを握っていきました。
 「げへへへ! うそつけ~~! 
  作ってんじゃねえよ!」
と僕。
 「ほん、ほん、ほん、ほんとだって!
  ほんと、ほんと!」
 深谷くんは、小さいけれどまん丸なアイアイのようなその目を、あらん限りに見開いて、懸命に僕らに主張してます。
 「文化の違いなんだよ、俺の肩で休憩してるんだよ!」
 「おまえ、バは、ははは!!、そういうの文化とかい
  うかよ、はははあ、はあ、はあ、それで、おまえ、
  どうしたの?」
 と僕が尋ねました。
 「そ、そう、それでさ、俺もさ、びくりするじゃん?
  それで、へたに話しかけるより、逃げちゃおうと、」
 「うん、うん。」
 「そこから急いで離れたてさ、歩き回ったらさ、」
 「うん、うん。」
 「そいつがさ、顎をのせたままさ、ついてくるんだよ!」
 !!!!!!! あり得ん!! ここに至ってすでに、自分たちの頭の中の映像と深谷くんの話をリアルタイムで動かしていた一同はこれ以上にないテンションで息も絶え絶えに爆笑してます。
 「うそつけ~~~~!! 休んでるんなら、顎を離さず
  について回るほうがきついじゃないかあ!! あり得
  ん!!堪えられん!!うひゃひゃひゃひゃひゃああ!!」
 それでも、深谷くんは最後まで、目を大きくしながら、ひとり真剣に話を続け、
 「ほんとて!それで俺はバゲジクレムの周りをそいつの
  顎をのせたままぐるぐるまわたんだ、いや世界にはい
  ろんな奴がいるぜ!緑よう。」
 と強引に締めくくりました。が、僕に言わせると『世界には、じゃない、俺の知人にも、こんな宝物がいたとは!』という感じです。

 僕は、この話しが、たいそう気にいってしまい、当時まだ友人のひとりで深谷くんとも顔見知りだった今のさい君に話したところ
 「嘘だ。ケイタは、だまされている。」
 と即座に否定し、全く信じてもらえませんでした。
 「でも、すんげえ面白いと思わない?」
 と言ったら、さい君は―女性って大人だから、往々にしてそういうところがありますよね―笑いを噛みしめているくせに、そういう『下らないレベル』と同化したくないようで、
 「面白くもないし、そもそもあり得ない。」
 と言って相手にしてくれませんでした。でも、僕は、未だにこの話が大好きで、結局、このとき友人だったさい君と結婚したあと、『フカヤ』、と言いながら、掃除機をかけているさい君の肩に顎をのせてついていったりしています。そのたびにさい君は、笑いを噛みしめながら、しかし、
 「だから、それはウソ!!」
 と言って僕をおしのけようとします。ご参考までに、『動き回っている人の肩に顎をのせ続ける』のは並みの技術ではできません。これからもやめませんぞ。深谷くんには本件を書くことは了解を得てません。
 ごめんね、深谷くん。 終わり

おじゃまんが山田くん。

 息子が5歳か6歳のときのことです。息子はなかなかひとりで寝てくれません。そして、さい君が、パソコンの動画で母国のテレビがリアルタイムで受信できるすべを知って以来、息子を寝かしつけるのはいつの間にか家長の仕事である、という困ったコンセンサスが家庭内にできあがってしまいました。おおよそ、さい君のお気に入りのテレビの時間帯が、21時~22時で、さい君が、パソコンにへばりつきながら、
 「明日も学校なんだから、寝なさい!!」
と息子にさい君の母国語で『宣言』します。でも、この宣言は運動会の開会式の校長先生のそれみたく、まさに『宣言のための宣言』であって、校長先生と同じく、宣言した本人は以後何もしません。(話はそれますけど、ああいう類の『宣言』は高校野球の開会式だの卒業式だの、よくありますけど、どういう趣旨・機能なんですかね。結婚式の乾杯の挨拶ほどの意味すらないと思います。プロ野球なんて、だれも宣言しなくても、ちゃんと開幕してますし。) 宣言後、それでも、すぐには寝ませんが、おもむろに、息子は、
 「しょうがないなあ、はあい、寝ま~す。
  お休みなさ~~い。」
と言いながら、僕の顔を見ます。見られた僕は(しょうがない、は俺の言い分である。)と思いながらも、一緒に布団にはいります。たいていそのまんま僕も寝ちゃうんですけど、問題は息子を寝かしつけるまでです。
 息子は暴君です。暴君は、生来落ち着きがないので、目が冴えているときは、なかなか寝てくれません。それで、いろいろ儀式が必要で、スキンシップとしての定番は、背中を掻く(なんだか知らないけど、そういうときは必ず亀みたいに手足をひっこめる態勢をとって、背中全体を掻いてやると、えもいわれぬ気持ちよさそうな顔をしながら、寝入ります。)なんですけど、ことさら眼が冴えているときは、その『亀ポーズ』に至るまでがたいへんだったりします。ただ部屋を暗くして、添い寝しているだけ、ではなかなか寝てくれません。といって、暴君にしゃべらせるとかえって頭が冴えてしまうので、僕が、それこそ『眠くなるような退屈な話』をすることになるんですが、なぜか、暴君は『普通の昔話』の類がお好みでないようで「なにか作った面白い話をしてくれ。」と難しい要求をしたりします。それで苦労して『赤羽三郎さんの話』と題する架空の昔話(内容は忘れました)など、あやしげな話をしたこともありますが、さすがに毎日作り話をするのも面倒だなあ、と思っていたある晩のことです。
 その日も暴君ぶりは健在で布団の中ですらじっとしてません。僕は、(今日は亀になるまで時間がかかりそうだなあ。)と諦めて、むしろ逆に無理やり寝かせようとせず、なかば投げやりになって、ふと、
 「フジ、しりとりしようか?」
と言うと、あにはからんや敵はのってきました。しりとりなんかすると、かえって、頭が冴えるんじゃないかとも思いました。が、ある策を施すと、これが意外なことに、たいてい暴君からギブアップがはいって「もう、寝ようよ。」となることがわかりました。その策とは、
①極力淡々とした流れをつくる。
②父は勝ちにいかない、と言って安易に負けない。
③父は暴君の知識範囲の語彙でのぞみ、反則はしない。
④父はわざとゆっくり考える。 
⑤暴君の反則、負けは指摘しないで流す。
です。有体に言って、そんなに簡単ではないです。僕が外ではいかに惨憺たる『資本主義経済的に価値の低い労働力』とはいっても、そこは大人、対暴君では日本人歴が圧倒的に違いますから、『しりとりに勝つ』のは簡単です。しかし、目標はそこにはありませんから、暴君の知っている範囲の日本語で勝負し、かつ父は反則もせず、勝ちもしなければ、かといって負けない―敵味方に拘わらず、反則や、勝ち負けを息子が認識すると興奮するので―という高度な―え~と、逆ですか?―レベルで戦わなければならないからです。しかし、これがうまくいくと、まさに退屈きわまりなくなるようで何回か成功をおさめました。もちろん、内容は、混沌としていて、とくに暴君は、同じ言葉の連発、母親の母国語を無理やり日本語にあてはめる、語彙に詰まると付け足しで凌ぐ―
 「ぴ、ぴ、ピカチュウ・・・・ピカチュウ。」
また「ぴ」、
 「ぴ、ぴ、ぴピカチュウのひゃくまんぼると。」
また「ぴ」、
 「ぴ、ぴ、ぴ、・・ピカチュウのひゃくまんぼると
  はまけない。」
―という具合で反則連発です。でもこのように、『クライマックスを決して形成しない淡々とした試合展開』で何度か大戦果を収めました。
 そんなある晩、そのときも暴君は目が冴えていたので、しりとりに誘うとのってきました。その晩はめずらしく、少し距離をとって、お互いにあおむけに寝て、淡々と戦っていました。そして、例のごとく、ルール不在の平坦な展開に、次第に暴君の言葉があくびと渾然一体になってきました。(しめしめ、これはもうそろそろ寝るな。)と思っていたとき、僕が「き」で終わりました。すると、暴君は、七割がたあくびをしながら、
 「き、き、き、き・・・・・ふわあ」
とつぶやいています。(ははああ、こいつもう在庫切れだな。またいつもの「付け足しだな」・・・・。いひひ)と僕は心中ミッション成功を確信しました。
 「き、き・・。・キンゾクバット デ、
  リョウシンヲ、ボクサク。」
「!」僕は、気づいたら上半身を起こしてました。
 「フジ!いま何ていった?」
 「ふわあ、パパ早く。『ボクサク』だからパパは
  『く』からね。」
と父の質問の意味を履き違えた息子は、僕の言うべき言葉のかしら文字を確認してくれました。
 「おい、フジ、そんな言葉どこで覚えた!意味わかってんのか?」
と動揺する父に息子は身じろぎもせず、天井をむいたまま、
 「いみはしらないよ。こんぴゅーたの『おじゃまんがや
  まだくん』で見ふあああ。パパ、『く』だよ。もうし
  ないなら、フジねちゃうよ。」
と言うと、暗闇で愕然とする父をあとに、すやすやと寝入ってしまいました。

 僕が、以前パソコンの動画で好きな歌をさがしているとき、(おお、そうだ、あの歌はナンセンスでいいよなあ)と探しあてた『おじゃまんが山田くん』のオープニングテーマを機嫌よく聞いていたら―あの歌いいですよねえ。馬鹿馬鹿しさがなんともいえないです。-、息子が近づいてきて、
 「パパ、なにこれ。」
とパソコンを見ながら言うので、
 「ん?これは、パパの好きな漫画の歌である。
  いい歌であろう。」
というと、
 「うん、いいねえ。」
と言って見入っていました。そのうち、僕が席をはずしたとき、どうも関連画面をクリックすることを覚えた息子は、『おじゃまんが山田くん』の本編を動画で見始めました。(まあ、子供に害悪があるような漫画でもないし、いいか。それより、そもそもあの、おじゃまんが山田くんの真髄が、こいつにはわからんと思うけどなあ。)と、しばらく放っておいたら、
 「へへ、うははは、ううへええ!」
と涎を流しながら喜んでます。僕は、不可解に思う一方、(おう、さすが我が息子だ。5歳にして『おじゃまんが山田くん』を理解するなんぞ、センス抜群だ。うむ。)と、変な満足をしていました。どうも、何回もよだれを流しながらみていた本編のひとつに上記の言葉がでてきた、と推測されます。
 
 でも、『おじゃまんが山田くん』のなかで、『金属バットで両親を撲殺』なんていう言葉、どういうTPOで現れたんでしょう。しかも、それを見てるときも涎を拭うほど面白かったんでしょうか?

 どうもいまだに解せません。
プロフィール

緑 慧太

Author:緑 慧太
好きな言葉:『終身雇用』
座右の銘 :『負けるが勝ち』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
フリーエリア
フリーエリア

人気ブログランキングへ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。